GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.11.03(Tue)

ついにワールドツアーを終えた「1D」のリアム・ペイン、メンバー全員は「ボロボロ」と告白!

リアム・ペイン

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のリアム・ペイン(Liam Payne)が、グループは結成当時からの激務で疲労がたまっていたため、活動休止が必要だったと告白した。

 ワン・ダイレクションは10月31日、英シェフィールドで「オン・ザ・ロード・アゲイン」ワールドツアーの最終公演を迎えた。来年は活動休止に入るため、今回が最後のコンサートとなった。今年2月にオーストラリアでツアーを開始したが、その直後にゼイン・マリク(Zayn Malik)が脱退を決断。ハリー・スタイルズ(Harry Styles)、ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)、ナイル・ホーラン(Niall Horan)、そしてリアムら現メンバーにとってはつらい時期となったが、リアムはそのせいで全員に負担がかかっていたと認めた。

 「基本、僕らはもうボロボロだよ」とリアムは英The Sunday Times Style誌に語っている。「誰一人として十分な睡眠がとれない。とんでもない状況だけど、それでも感謝しなくちゃいけない。自分たちのために歓声を上げてくれたり、ホテルの部屋の外で並んだりする人たちがいるのはありがたいと思うべきだよ」

 メンバーたちはファンに感謝の気持ちを持っているが、2016年のある時点で活動を休止すると発表して世界中のファンのハートを打ち砕いた。しかしリアムは同誌とのインタビューで、実際にいつ活動休止にするのかはまだ決まっていないとも語っている。しかし一つだけ強調したのは、あくまで休止であって解散ではないということだった。

 「別にどこにもいかないよ」とリアムは力を込めた。「5年間で4つのツアー、5枚のアルバム、それに複数の映画もやった。でも常に次の仕事があるから、自分たちの映画を観るヒマもないんだ。僕らがこんなにとんでもない状況になったことは分かっているけど、まだ実感はないよ」

 「まだ状況が固まっていないから、ちゃんとした答えは言えない。今はただ、ゆっくりして落ち着くのを待ちたいだけだ。みんな少しだけの休暇を必要としている」

 英The Sun紙は同日、メンバー間の関係が悪化したことで活動休止を決めたと報じた。特にハリーとルイの対立が激しいとしている。

 ワン・ダイレクションはすぐに報道内容を否定。アイルランド出身のナイルはハリーに対し、メンバーは確かに自然と2つのグループに分かれるとジョークを飛ばしている。

 「僕らはコインの裏表で分かれているんだ」とナイル。「パイとビール組、それにプロテインとピラティス組だよ。ハリーはプロテインとピラティス組。リアムと僕は両方を行き来していて、ルイは(ベーカリーチェーンの)ザ・グレッグスに夢中なんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial