GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.11.02(Mon)

グウェン・ステファニー、離婚の苦しさをスピリチュアル・エクササイズでいやし中?

グウェン・ステファニー

 夫でミュージシャンのギャヴィン・ロスデイル(Gavin Rossdale)との離婚を表明したノー・ダウト(No Doubt)のグウェン・ステファニー(Gwen Stefani)は、破局のつらさをスピリチュアル・エクササイズで紛らわせている。

 グウェンは今年8月、約13年前に結婚したギャヴィンとの離婚を表明してファンを驚かせた。その後は仕事に集中しているが、エクササイズでいい汗を流して心をすっきりさせるよりも、魂の改善に取り組んでいるようだ。

 米エンターテイメント情報サイト「E! News」とのインタビューでシェイプアップ法について質問されたグウェンは、「身体的な外見にはあまり努力していないわ」と答えている。「スピリチュアルなエクササイズに取り組んでいるの。つながりを持って、感謝の心と思いやりを忘れず、今を生きることを心掛けている。今のエクササイズはそこに力を入れているの」

 「もしそれが外見に表れているのだとすれば、とても良いことだわ。毎日一生けん命やっていることだから」

 グウェンは近く成立する離婚については直接語っていない。しかし先日、ニューシングル「Used to Love You」のビデオで歌いながら涙を流しているのは、自分の感情が「とてもリアルに」反映されているからだと認めた。同曲には「私はあなたの人生で最高の存在だと思っていた/あなたは誰にも愛し方を教えてもらえなかった」という歌詞が含まれていて、個人的な体験をベースにしているのは明らかだとグウェンは力を込めている。

 「すべてを吐き出しているのに、さらに深い意味をかぎ取ろうとするのは変な話だわ。これ以上、何を言えばいいのかしら」とグウェンは話している。

 グウェンはその数日前の10月27日、米情報・トーク番組「トゥデイ」に出演した際、同曲のインスピレーションについて質問され、怪訝そうな顔を浮かべていた。

 「そんな質問は困るわ!」とグウェンは声を上げた。「答えとして言えるのは、自分の曲には必ず、リアルタイムで感じている気持ちを込めているということよ」

 「あの曲を書いたのは数週間前で、それから控え室でカメラの前に座った。特にビデオのためというわけじゃなくて、(ステージ上の)バックスクリーンに映す素材を作っていたの。それが使われて(オフィシャル)ビデオになった。本当にリアルなものよ」

 キングストン(Kingston)君、ズーマ(Zuma)君、アポロ(Apollo)君の3男を授かったグウェンとギャヴィンは、資産分配と子どもたちの親権について同意し、離婚の成立が間近だとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team