GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.29(Thu)

エリザベス・バンクス、『ピッチ・パーフェクト』第3作で再び監督に決定!

エリザベス・バンクス

 女優のエリザベス・バンクス(Elizabeth Banks, 41)が、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ第3作で前作に引き続き監督を務めることが分かった。監督デビュー作となった『ピッチ・パーフェクト2』の大ヒットでスタジオ側に好印象を残したことが再登板につながった。

 今年公開された『ピッチ・パーフェクト2』は現在までに全世界で2億8,520万ドル(約343億円)の興行収入を叩き出し、史上最高の興収を挙げたミュージカルコメディ映画となった。公開当初に6,900万ドルでトップとなり、新人監督作品としては全米で最高のオープニング成績を残している。

 レベル・ウィルソン(Rebel Wilson)、アナ・ケンドリック(Anna Kendrick)、ブリタニー・スノウ(Brittany Snow)らも同じキャラクターで三たび登場すると米Variety誌が伝えている。

 エリザベスが製作・出演した2012年の第1作『ピッチ・パーフェクト』はカルトヒットとなった。シリーズ2作を通じて脚本を手がけたケイ・キャノン(Kay Cannon)も第3作の執筆を担当し、エリザベスは夫のマックス・ハンデルマン(Max Handelman)と共にプロデューサーを務めるほか、脚本にも参加する。

 「私たちが成し遂げたのは、とても珍しいことだったわ」とエリザベスは以前、『ピッチ・パーフェクト2』について語っている。「女性が監督し、脚本を書き、プロデュースした作品で、ポスターに登場するのも女性ばかりなのよ」

 エリザベスは『ピッチ・パーフェクト2』での手腕が認められ、依頼が殺到している。最近では『チャーリーズ・エンジェル』のリブート版のほか、作家ヴィクトリア・アヴェヤード(Victoria Aveyard)の大人気ヤングアダルト小説「Red Queen」の映画版でメガホンをとる契約を交わしている。

 『ハンガー・ゲーム』シリーズで演じたエフィー・トリンケット役にはシリーズ最終作『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』で別れを告げることになるが、キャスト陣は強烈な印象を残すとも約束した。同作は日本でも11月20日に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat