GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.26(Mon)

チャーリーXCX、こよなく愛する1990年代をリスペクトするコラボ商品企画が目白押し!

チャーリーXCX

英人気歌手のチャーリーXCX(Charli XCX/エックス・シー・エックス、23)は、独特の奇抜なファッションセンスでも注目の的で、自分が楽しめる”大胆な”ファッションピースを常に探求している。

「映画のキャラクターから、かしらね」と、英OK!誌にどこからファッションのインスピレーションを得るか尋ねられてチャーリーは答えている。

「たとえば、『クルーレス』のシェール・ホロヴィッツや、『ハード・キャンディ』のコートニー・シェインなんてキャラクターが好き。わたしは、ラウドに尖っているロック性を怯むことなくファッションにも取り入れたいほうだから、デザイナーでは「ジェレミー・スコット」(Jeremy Scott)や「モスキーノ」(Moschino)などが好みだわ」

音楽業界で強烈な存在感を見せているチャーリーとあって、ティーンに人気のビューティブランド「インパルス」(Impulse)が、彼女とのコラボを熱望したのはなんら不思議ではない。実現したコラボの結果である、チャーリーのデザインによる限定エディションのボディスプレイ缶2タイプの出来に、チャーリーは満足している様子だ。

「わたしはずっと、このブランドのことが好きだったし、このブランドが1990年代にスパイス・ガールズとコラボした頃からのファンでもあるのよ」と、微笑むチャーリー。

「楽しくて、若々しい、今も自分が使うブランドでもあるから、『Rock and Love』と『Vanilla Kisses』の缶デザインを自分がデザインさせてもらうのは、自分でもとても納得できることだった。わたしはステージが終わったら、すぐにパーティしたいので、その際に自分を良い香りにして新鮮な気分になるのに手っ取り早い手段でもあるところがいいわね」

チャーリーは、他にも女性向けネットリテールのBoohooとのコラボで、こちらも限定版となる1990年代にヒントを得たレトロ風な女性服コレクションを本日10月26日から販売開始する。

「あの時代のファッションの要素で好きなものが多いのよ」と、これはElle.comに対してチャーリーは語っている。

「あの時代は、ランウェイさえも、みなワイルドで怯まず押していたじゃない?「ヴェルサーチ」(Versace)のショーのランウェイも、「シャネル」(Chanel)のショーのランウェイも、それにどこもスイムウェアのショーはすごくワイルドで大胆で刺激的だったのが、あの頃というファッションの時代が好きな理由なの!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki
Saki

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial