GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.22(Thu)

ドラッグ中毒で昏睡状態だったラマー・オドム、退院し自宅療養へ

ラマー・オドム

 昏睡状態で治療を受けていたNBA選手のラマー・オドム(Lamar Odom, 35)が、入院先のラスベガスの病院からロサンゼルスの自宅に空輸され、療養を続けることになった。

 ラマーは13日、ネバダ州ラスベガス近くのパーランプにある「ラブ・ランチ・サウス」という売春宿で意識不明の状態で発見され、サンライズ病院で約1週間の治療を受けていた。コカインとバイアグラに似たハーブ薬を摂取したことでドラッグ中毒を起こし、発作と臓器不全で苦しんだとみられている。

 ラマーは16日に意識を回復し、自力で呼吸できるようになったと報じられていたが、19日に退院したと伝えられた。芸能情報サイトTMZによると、ラマーは医療用ヘリコプターでロサンゼルスに運ばれ、複数の未解決の医学的な問題の治療にあたるという。また、入院直後から付き添っていた別居中の元妻で米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian)も同行したという。クロエは2013年に離婚を申請したが、その後もラマーとは近い関係を保っていた。昏睡状態から目覚めたラマーの最初の言葉は「やあ、ベイビー」だったようだ。

 病院ではクロエに加え、彼女の母クリス・ジェンナー(Kris Jenner)と妹のキム(Kim)、異父妹のケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)も付き添っていた。家族は一時的にロサンゼルスに戻り、先週末にラスベガスに戻ったものの、クロエはラマーが空輸されるまでずっとそばにいたようだ。

 キムとクリスはラマーの回復を信じ、SNSに前向きのメッセージを投稿。ラマーの回復を初めて明かしたのはキムだった。ラマーと一緒の写真をInstagramで公開し、こうキャプションを添えている。「あなたを信じてる。祈りとポジティブなエネルギーの力を信じてる! みんなの祈りに感謝してるわ! ラミー、ケンダルと私があなたを笑顔にさせたことは本当に嬉しい! 神は善なり」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki
Saki

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO
CHOCO

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial