GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.20(Tue)

ジェシカ・アルバ、眉毛を抜き過ぎていまだ回復途上!?

ジェシカ・アルバ

自身の化粧ライン「Honest Beauty」を立ち上げた米人気女優のジェシカ・アルバ(Jessica Alba、34)だが、シンプルなメイクこそ一番と思うようになってきるようだ。

「わたしはいま、メイクの時にもっぱら眉毛のことを考えるのよ。顔はあまり塗りたてず少しだけコンシーラー、あとは眉毛をどうするかという程度で良いのじゃないかという気がしている」と、ジェシカは米People誌に語っている。しかし、ジェシカにはひとつ悩みがあるという。

「眉毛を抜き過ぎていない女の子たちがうらやましいの。わたしの眉毛は1990年代からすっかり抜き過ぎて、2000代年もひたすら細眉を目指していちゃったから、いまだ回復途上なのよ」

女優業と会社経営、そして夫キャッシュ・ウォーレン(Cash Warren)との間のふたりの娘の子育てと毎日忙しいジェシカだが、自分の家で一番リラックスできる空間は浴室だという。

「入浴時にリラックスするには、ラベンダーのエッセンシャルオイルを使うことね。たくさんは入れず、ほんの1滴か2滴でいいの。あとは、エプソム塩(硫酸マグネシウム)を1カップ加えるわ。これがわたしの一番のくつろぎ方。時間があればマスクもする。浴室に浸かっている間にマスクトリートメントをすれば時間が効率的でもあるしね」

世界で最もセクシーな女性のひとりであるジェシカだが、夫キャッシュは妻のナチュラルな美しさにゾッコンのようで、ジェシカは夫の好みのメイクやファッションがどうだとか特に気張らないで済むようである。

「最近家族で休暇旅行を取ったのだけれど、疲れすぎて編み込みのヘアを寝る前に解かずにそのまんま寝ちゃったことがあるの。次の朝、髪の毛がひどいことになっていて、日焼けも残っている。わたしは起床時の顔のむくみがひどいほうなのだけれど、どういうわけだかキャッシュは『きみ、今日も綺麗だよ!』って。わたしは、『え、そう?それはビックリ』ってなっちゃった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial