GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.19(Mon)

サンドラ・ブロック、次期『007』映画のボンド役は女性が演じることを提案!

サンドラ・ブロック

年末には日本でも公開される映画『007』シリーズ最新作の『007 スペクター』だが、同映画で4回目のジェームズ・ボンド役を務めた英俳優のダニエル・クレイグ(Daniel Craig)が、同シリーズにまた出演するよりは“リストカットしたほうがマシ”と発言したことから、誰が次のボンド役になるか関心が高まっている。

次なるボンドには誰がふさわしいかと問われたハリウッドスターたちが、それぞれに興味深い答をしている。たとえば、米女優のサンドラ・ブロック(Sandra Bullock、51)が考えるボンド役俳優の必須条件は「お尻の形が良いこと」だそうだ。

「誰が演じるにしろ、お尻が格好良くないとね。これまでのジェームズ・ボンドは、みなお尻の恰好が良かった気がするわ」と、サンドラはMTV.co.ukに対して語った上に、次期『007』映画でボンドのイメージをまったく刷新出来る提案も行った。

「ジェーン・ボンドなんて、いいんじゃない?」

自分が主役の張れる女優で、ボンド役に女性という考えを推しているのは、サンドラだけではない。人気TVドラマ『「ゲーム・オブ・スローンズ』のヒロイン、デナーリス役で知られる英女優エミリア・クラーク(Emilia Clarke)も、明らかにこのアイデアに前向きだ。

「わたしが女性ボンドを出来るとしたらやりたいかって?ええ、もちろんやりたいわよ!いま、ここで初めて宣言したと書いていいわよ。ええ、ええ、ぜひやりたい!」

その気十分のエミリアだが、他のハリウッド女優たちも負けていない。映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズや『ハンガー・ゲーム』シリーズなどで知られる米女優エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks、41)もボンド役に手を挙げた。

「わたしが次のジェームズ・ボンドを演じたいわ。この時点で、もう立候補したからね!」

一方、ザック・エフロン(Zac Efron)、エミリー・ブラウニング(Emily Browning)、エミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)、ジェイソン・クラーク(Jason Clarke)などといった俳優たちが、次期ボンド役の本命として挙げた名は映画『マンデラ 自由への長い道』のマンデラ大統領役などで知られる英俳優イドリス・エルバ(Idris Elba)。自身も候補として名が囁かれているひとりである英俳優ニコラス・ホルト(Nicholas Hoult)は、自分はまだ若すぎると現時点ではボンド役を自分が受けることには否定的なようだ。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でトップスターの座を確立した英俳優トム・ハーディ(Tom Hardy)は、具体的な候補名を挙げることに躊躇した後、自分がボンド役に色気がなくもないことを打ち明けた。

「自分自身がボンド役を演じるチャンスを少しでも残すなら、この話題についてべらべら喋らない方がいいよね」と、トムは笑った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial