GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.14(Wed)

『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督、『ロードハウス』リメイク版に決定!

ニック・カサヴェテス

 2004年公開の『きみに読む物語』などで知られる監督のニック・カサヴェテス(Nick Cassavetes, 56)が、故パトリック・スウェイジ(Patrick Swayze)主演で1989年に公開された『ロードハウス/孤独の街』のリブート版のメガホンをとることが決まった。

 ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)とレイチェル・マクアダムス(Rachel McAdams)主演の『きみに読む物語』は現代の名作として高く評価されている。米Variety誌によると、ニックは『ロードハウス』リメイク版でもその魔法のような手腕を発揮すると意気込んでいるようだ。演出に加えて脚本も書き、MGMが製作するという。

 当初はロブ・コーエン(Rob Cohen)監督に白羽の矢が立てられていたが、ニックが企画を引き継いだようだ。

 無敗記録を誇り、「美しすぎる」女性総合格闘家として有名なロンダ・ラウジー(Ronda Rousey)が主役に決定しているが、彼女はニックとのほうが相性が良いという判断があったようだ。ロンダは主演に加え、プロデューサーとしても参加する予定だ。

 ロンダは11月14日にオーストラリア・メルボルンでホリー・ホルム(Holly Holm)と対戦することから、撮影のスケジュールはその日程を中心に組まれることになる。試合終了後は制作が早いペースで進み、2016年1~3月の間に撮影がスタートするとみられている。

 パトリックはオリジナルの作品で大スターの仲間入りを果たした。ミズーリ州を舞台に、パトリック演じるボディガードが肉体を駆使して怪しいビジネスマンから小さな町を守るというストーリーだ。

 リメイク版の主役に決定したことを発表した際、ロンダはオリジナル版にふさわしいトリビュートにするため全力を尽くすとファンに宣言した。

 「大勢の人たちに感動を与えた男性の人生を祝うことに参加できるのを、大きな誇りに感じています」とロンダは声明でコメントした。「たくさんの人たちに愛されたパトリック・スウェイジに敬意を表するチャンスに恵まれ、感謝してもしきれない思いです。この作品を彼の家族やファンが誇りに思えるよう、努力を怠らないことを約束します」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.11(Thu)

ビューティークリエイター・吉川康雄氏の待望の新ブランド、「UNMIX(アンミックス)」がこの春デビュー!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial