GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.09.28(Mon)

カイリー・ジェンナー、タイガとの婚約報道を否定!

カイリー・ジェンナー

 リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner, 18)が、恋人でラップ歌手のタイガ(Tyga)と婚約したという報道を否定し、タイガが自分をフィアンセと呼んだのはジョークだったと力説した。

 タイガが先週、SNSの「Snapchat」にアップした動画でカイリーのことをフィアンセと呼んだことで2人が婚約したのではという憶測がメディアをにぎわせていた。しかしカイリーは異父姉のキム・カーダシアン(Kim Kardashian)と撮影した動画を自身の新ウェブサイトに投稿し、騒ぎについて口を開いている。キムがカイリーにタイガのコメントについて聞くと、カイリーは事実関係をハッキリさせた。

 「彼は30分前にInstagramにアップした動画で冗談を言っていただけよ」とカイリーは説明した。「Instagramで『好きな人はいない。フィアンセと犬と遊ぶのが好きなだけ』だと言っていた男の人を話題にしていただけよ」

 するとキムはさらに痛烈な質問を重ね、姉を「失脚させた」のはどんな気分かと問いかけた。カイリーは現在、キムよりも有名になり、カーダシアン/ジェンナー家で最も有名な存在とみられている。カイリーはそうした見方は正しくないとしたが、妊娠中のキムは今の質問は冗談だったと妹を安心させた。

 「楽しいけど、少し休暇も必要だわ」とキムは笑顔で答えた。

 しかしキムは、カイリーが自分と同じレベルの悪評を獲得するには、Snapchatに動画を多少投稿したくらいでは追いつかないとも断言した。

 「リアルな話をすると、私より本当に有名になるには、あと数年はかかるわよ」とキムはつけ加えた。「でも、あなたにはバトンを渡したい。知識をバトンタッチするのに、あなたよりふさわしい人はいない。みんな、妹にはすべてを教えておいたわ。妹にはそれがふさわしい。服やコツ、ファッションチームをシェアするとしたら、キング・カイリーの他にはいない」

 2人は動画でふざけあっていたとはいえ、カイリーは最近、スターとしての存在感が高まっている。タイガとの交際は以前からメディアの注目を集めていたが、2人は先月になってようやく交際を認めた。またカイリーはたび重なる報道により、唇を厚くする注射を受けたことを認めているが、豊胸手術は否定している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.11.26(Thu)

【2020年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team