GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.09.16(Wed)

ミス・アメリカ主催団体、ヴァネッサ・ウィリアムスに謝罪!

ヴァネッサ・ウィリアムス

 米歌手で女優のヴァネッサ・ウィリアムス(Vanessa Williams, 52)が、ミス・アメリカを主催する団体から謝罪を受けた。

 ヴァネッサは1983年から1984年まで、ミス・アメリカとして活動していた。しかしヌード写真が流出したため王冠をはく奪され、物議をかもした。

 ヴァネッサは13日、ミス・アメリカ・コンテストに審査員として参加し、サム・ハスケル(Sam Haskell)組織委員長から公式謝罪を受けた。

 「私はこの美しく、才能あふれるレディーと32年間にわたって親交を結んできた。あなたは優雅で品格のある人生を歩んできたし、それは1984年の出来事で辞退した時でも誰の目にも明らかだった。現在の団体関係者は当時と全く関わりがないとはいえ、_現在の団体を代表し、あなたとあなたの母ヘレン・ウィリアムズ(Helen Williams)さんに謝罪したい」とサムは生放送中にヴァネッサに語りかけた。「ミス・アメリカである今のあなたと、今後もミス・アメリカであり続けるあなたの評価を下げる、あらゆる発言や行動について謝罪したい」

 ヴァネッサは1983年、黒人女性として初めてミス・アメリカに選ばれ、障害を取り払った立役者だ。しかしその勝利に納得しない者もおり、中傷の手紙や人種差別主義的なコメントが殺到した。

 「ミス・アメリカになることで、あれほど失意のどん底に沈むとは想像もしていなかったわ」とヴァネッサは以前、米People誌で心境を吐露している。

 ミス・アメリカに選ばれた翌年、ヴァネッサのヌード写真が米Penthouse誌に掲載されたことで状況はさらに悪化した。

 「私にできることは何一つないから、前に進むしかない。ただ受け止めて前に進むだけよ」とヴァネッサは1990年に米Ebony誌とのインタビューで語っている。「もしリベンジできるチャンスを与えられたら、ぜひそうする。でも今は成功こそ最高のリベンジなの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira
Bunta & Seira

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat