GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.09.15(Tue)

チャーリー・ハナム、「フィフティ・シェイズ」出演辞退は「最も感情的に打ちのめされた」経験だったと激白!

チャーリー・ハナム

 英俳優のチャーリー・ハナム(Charlie Hunnam, 35)が、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の主役に抜擢されながら降板したことは人生で「最も感情的に打ちのめされた」経験だったと告白した。

 チャーリーはE.L.ジェイムズ(E.L. James)のベストセラーとなった同名官能小説を原作とした同作で主役のクリスチャン・グレイに抜擢され、アナスタシア・スティールに扮するダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)と共演する予定だった。

 しかし真剣に再検討した結果、チャーリーは出演を辞退し、ジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)が代役を務めた。しかしチャーリーはこんな結果になってしまったことを後悔している。

 「ああ、あれはプロとして人生で最も最悪な経験だったよ」とチャーリーは米V MAN誌とのインタビューで降板の舞台裏を明かした。「役者人生で経験した中で、最も感情的に打ちのめされ、つらいものだった。本当に苦しかったよ」

 降板劇で苦しんだのはチャーリーだけではない。監督のサム・テイラー=ジョンソン(Sam Taylor-Johnson)もチャーリーが降板を表明した時、感情の自制に苦しめられたという。

 「監督に電話して、お互いに20分も大泣きした。これはうまくいかないと伝えなくちゃいけなかったんだ」とチャーリー。「当時は私生活でいろんなことが起きていて、感情的にもろく、精神的に参っていた。収拾がつかなくなり、パニックになっていた。どうすればいいのか分からなかった」

 チャーリーは若いゲイの男性グループを中心としたストーリーで、かなりきわどい描写でも知られた英TVシリーズ「Queer as Folk」に出演してブレイクした。米ドラマシリーズ「サン・オブ・アナーキー」でも知られるチャーリーは、自分の駆け出し時代を考えれば、「フィフティ・シェイズ」を降板した理由はヌードが問題だったのではないことを証明していると確信している。

 「世間では、作品の性的に露骨なところに僕が怖じ気づいたと言われている」とチャーリーは話している。「18歳の時、僕はTVで全裸になって、男性同士のベッドシーンを演じていたのにね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team