GLAM Editorial

2015.09.08(Tue)

男性服にも進出のジュリアン・マクドナルド、メンズコレクションデビューはロンドンファッションウィークで!

ジュリアン・マクドナルド

英国ウェールズ出身のデザイナー、ジュリアン・マクドナルド(Julien Macdonald)は、彼がデザインする煌びやかでフェミニンな女性服が、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue) やニコール・リッチー(Nicole Richie)など多くのセレブに愛されている。

そのジュリアンが、メンズにも進出を決意、今月19日中旬から開催されるロンドンのファッションウィークでその最初のコレクションを披露することになった。

「男性服にも興味がずっとあったのだけれど、ちょうどいいタイミングというものにこれまで恵まれなかった」と、ジュリアンはファッション業界専門紙WWDに対して語り、メンズを今回手がけようというインスピレーションは、自分のウィメンズの最新コレクションをデザインしている時に浮かんだ、とも付け加えた。

「いわゆる紳士服というものではないんだ。自分がデザインしてきた女性服や、ロンドンの男たちがいま着ているもの、特に一番オシャレな連中たちがたむろしているイーストエンドのショアディッチ(Shoreditch)で見受けるファッションからインスピレーションを受けている。ユニセックスなファッションに近い、と言っていい部分もある。これは面白いと自分で思っているけれど、仕立ての紳士服という感じではないんだ。だから、背広のスーツを探しているのなら、ぼくのところにはないよ」

このジュリアンのメンズ、ニットウェアを中心にプリントを多用したものになるそうだが、彼がデザインする女性服に見られるスタイルとは少し方向が違うものになりそうだ。ジュリアンがイメージを想定する理想的な男性客は、ジェイ・Z(Jay Z)、クリス・ブラウン(Chris Brown)、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)、カニエ・ウェスト(Kanye West)などなのだとか。

「ファッション好きでデザイナーブランド好きな、他のひとと違ったものを買いたいひとに向いたものだね」と、ジュリアンは微笑を浮かべた。

「ぼくは男だから、メンズコレクションのほうは、あまりフェミニン過ぎず突拍子過ぎないようにしたいという気持ちも常にあった。無理なく着られるという感覚を大事にしたいという思いがあって、それが今回のひとつのチャレンジでもあった。ぼくの友人連中はこれを着たがるだろうか、あのひとたちならどうだろうか、とね。男性たちに着てもらい、恰好いい気分になり、力が湧いて男らしい気分になってもらう、というのが願いだからね」

ロンドンファッションウィークでのジュリアンのコレクションショーは、9月19日の予定。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial

2020.12.07(Mon)

「2021最新版」 田中みな実さんの愛用コスメ16選!一挙公開
GLAM Editorial