GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.08.25(Tue)

イザベル・マラン、仕事をする時はオシャレなファッションではいられない!

イザベル・マラン

自身の名前を冠したブランドを1994年に立ち上げ、日本でもお馴染みのフランスのデザイナー、イザベル・マラン(Isabel Marant)。エスニックで繊細な美しさを誇る服で人気の彼女とあって、自身の普段の装いも、さぞかし優美かと想像するところだが、まったくそうではないとのこと。

「毎日ほとんど同じような恰好よ。だって、日中は自分のコレクション用の服を、10着から15着ぐらい試し着しているのですもの。もちろん、フィッティングモデルさんはいてくれるのだけれど、まずは自分で試し着してみたいから」と、Harper's Bazaar誌豪州版にイザベルは自分の日常の様子を語っている。

「平靴にタイトなジーンズ、カシミアのセーター、それにジャケットというのが、典型的なわたしの普段着。自分の昔のコレクションからの一品である革とスエードのバッグをいつも持ち歩いていて、中にはシャネルの赤いリップスティック、ロレアルのミリオンラッシュ(Million Lashes)マスカラ、あとはフェイスクリームのサンプル壜、そしてシャネルの香水15番を常に入れているわ」

イザベルは、ひと泳ぎすることから一日を始めるのが好きだという。朝の洗髪も、家の中でなくプールで行うのを好むのだとか。自分の髪の状態を特に気に入っているわけではないそうだが、ヘアドレッサーを訪れると、自分の白髪を染めてくれてしまうので、なんだか自分でないような気になるゆえに、足が遠のきがちだとも語る。

仕事場には午前8時45分には着いて、ブラックのコーヒーを片手に、いざ服のデザインや試し着に取りかかるそうだ。

「昼食後になって、スタッフもみなまた仕事場に帰ってきたら、再び同じことの繰り返し。ジーンズか革のレギンズをいつも履いているのは、ひざをついてピン止めをすることが多くて、上品なドレス姿というわけにはいかないから。あとは、そうね、ミネラル水のペリエをたくさん飲むわ。午後になって、飲んだコーヒーが4杯を超えてしまった後は、ミネラル水を摂ることが多くなる。煙草はなるべく吸わないように自分で手巻きするのだけれど、それでも結構たくさん吸ってしまうわね」と、イザベルは告白した。

比較的遅めに夕食を取るのも、イザベルの日課のパターンである。食べた後に眠くなって、そのまま快眠できるのが理由だ。ただし、コレクションの発表が近い時にはテンションが高まって、そう簡単によく眠れるということはないというのは、コレクションに賭けるデザイナーとしては当然のことのようだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.09.17(Tue)

旅行中もおしゃれに決めたい! あると便利なファッションアイテム7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team