GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.08.13(Thu)

レオナルド・ディカプリオ、名匠マーティン・スコセッシ監督と再びタッグを組む新作で連続殺人鬼に!?

マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオ

 俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)とマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)監督が新作映画『The Devil in the White City(原題)』で再びタッグを組むことが分かった。

 2人はこれまでの20年間で、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や『ディパーテッド』、『アビエイター』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『シャッターアイランド』で一緒に仕事をしてきた。

 米エンターテイメント情報サイト「Deadline」によると、レオとスコセッシ監督はパラマウント製作の『The Devil in The White City』で6度目のチームを結成するという。

 パラマウントはエリック・ラーソン(Erik Larson)が2003年に発表したノンフィクション小説「悪魔と博覧会」の映画化権をオークションで獲得した。大手スタジオ5社が参加し、うち3社がデッドヒートを繰り広げていた。

 同作は1893年に万博が開かれたシカゴが舞台。作者のラーソンはシカゴ万博の総指揮者を務めたダニエル・H・バーナム(Daniel H. Burnham)と自らが建てた「殺人の城」で犠牲者を殺した連続殺人鬼H・H・ホームズ(Dr. H. H. Holmes)医師の実話を織り交ぜて構成した。

 レオは同作で非情な殺人鬼役に興味を覚えた。ホームズ医師はシカゴが万博で浮かれていた年に、27人から200人の人を殺したとみられている。

 『The Devil in The White City』は10年ほど前から企画が進んでおり、レオは2010年に初めて同作に関わった。

 『ハンガー・ゲーム』で脚本を手がけたビリー・レイ(Billy Ray)が映画版の脚本を執筆する。

 レオは自身の制作会社アピアン・ウェイを通じてプロデュースし、ジェニファー・デイヴィソン(Jennifer Davisson)、ステイシー・シェア(Stacey Sher)、スコセッシ監督らも共同プロデューサーを務める。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.04.22(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial