GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.08.07(Fri)

コートニー・ラブ、執筆料の未払いを主張する伝記本作家に反論!

コートニー・ラブ

 ロック歌手のコートニー・ラブ(Courtney Love, 51)の伝記本を共同執筆している作家のアンソニー・ボッザ(Anthony Bozza)が執筆料の未払いを求めている問題で、コートニーはビタ一文も借りはないと反論した。

 アンソニーは30万ドル(約3,730万円)とされる執筆料で伝記本を依頼されたが、コートニーはその3分の1しか支払っていないとして4月に訴訟を起こし、裁判は現在も続いている。

 アンソニーはコートニーを訴えているが、米New York Daily News紙のコラム「Confidenti@l」は、彼女が反撃に出たと伝えた。

 コートニーはニューヨーク州南部を管轄する地方裁判所に反論を提出。この中で彼女は彼に支払うべきお金はないと主張し、また彼女の指示に従って伝記本を執筆したというアンソニーの主張を否定した。アンソニーが訴えているように、各段階でオーケーを出してもいないと力説した。

 コートニーは自分の名前はコバーン(Cobain)にも関わらず、「コートニー・ラブという誤った表記で」訴えられていると指摘して反論を始めている。

 米ロックバンド、ニルヴァーナ(Nirvana)のボーカルだった故カート・コバーン(Kurt Cobain)と1992年に結婚したコートニーは、コバーンという苗字を合法的に追加している。

 さらにコートニーは_裁判費用の補償に加え、「裁判所が適切と認める他の救済金」の支払いも求めている。

 コートニーは2014年4月、伝記本「Girl with the Most Cake」がお蔵入りになる可能性を口にしていたが、近く出版すると6月に語っている。

 アンソニーはスラッシュ(Slash)やトミー・リー(Tommy Lee)、トレイシー・モーガン(Tracy Morgan)といった有名人の伝記本を手がけてきた。

 コートニーは最近、人生における後悔について口を開き、結婚や仕事に深刻な疑念を感じたことがあると告白した。

 コートニーは音楽活動と女優としての仕事を両立させている。カートと結婚する前にはジェームズ・モアランド(James Moreland)との離婚も経験した。

 「もちろん後悔はたくさんある。あの結婚はしなければよかった、あの役を受けておけばよかった、あの人と結婚しておけばよかったかも、とかね。自分でも分からないけど、そうしなかった」とコートニーは先日、Citizens of Humanity誌に明かしている。「今の自分があるのは過去のおかげだし、新しい仕事ができるという自信もある。映画やテレビで自分が見せなくちゃいけないのは正直さで、今は以前に比べるとずっとしっかりしているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial