GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.30(Thu)

クリス・マーティン&グウィネス・パルトロー、円満離婚から一転して関係が悪化?

グウィネス・パルトロー

 スムーズな離婚を進めていたはずの米女優グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow, 42)と英ロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin, 38)の関係が悪化しているという。

 夫妻は昨年3月、結婚から10年で離婚を表明し、2015年4月に離婚が成立した。その後も友好的な関係を維持し、アップル(Apple)ちゃんとモーゼス(Moses)君の2児を連れて休暇旅行も楽しんでいたほどだった。ところがここへ来て、2人の関係はもはや良好ではなくなっているようだ。

 「グウィネスとクリスの関係は、本当とは思えないくらい出来すぎたものだったし、確かに離婚当初はそうだった。彼女は自分が状況を支配していると感じていたからだ。でも他の『スムーズな』離婚がそうであるように、お互いが新しい恋人に真剣になっていく中、状況はだんだん悪化している」とある事情通は英Grazia誌に語っている。

 クリスは昨年夏から米女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 24)との交際の噂が絶えない。一方のグウィネスは米人気TVシリーズ「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」の共同クリエイター、ブラッド・ファルチャック(Brad Falchuk, 44)と順調に交際している。

 クリスとグウィネスは離婚が成立した時期と前後して友好的な関係にほころびが見え始めたと言われている。

 「4月くらいから2人は口論が増えていった。クリスはジェンとすごす時間が増え、グウィネスの要求に応じるのが遅れるようになっていた。彼女は4月にクリスがジェニファーと出かける姿をパパラッチされたことに激怒していたようだが、本当は彼がジェンに真剣になり始めていたのがはっきり分かったことが理由だったと思う」と事情通は説明している。

 また同じ頃、クリスとグウィネスは一緒にセラピーを受けるのをやめたとも言われている。

 「離婚の目標を達成するため、週に1度は会っていたんだ」と事情通はつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.21(Sun)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
nanat
nanat

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial