GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.26(Sun)

エミネム、ラップ中にケイトリン・ジェンナーをディスったことを謝罪!

エミネム

 ラップ歌手のエミネム(Eminem, 42/本名:マーシャル・マザーズ, Marshall Mathers)が、性転換プロセスを終えて女性となったケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner)をフリースタイルラップ中にディスったことを謝罪した。

 エミネムは23日、新作映画『Southpaw(原題)』のサウンドトラックに収録されている曲のプロモーションのため、ラジオ番組「Sway in the Morning」に出演。6分間のフリースタイルでそのラップスキルを披露。以前はブルース(Bruce)の名で米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」にも出演していたケイトリンや、40年前の連続レイプ事件で批判が殺到しているビル・コスビー(Bill Cosby)、問題発言を連発している米大富豪のドナルド・トランプ(Donald Trump)といった注目の有名人に対するスタンスを容赦なく明らかにした。ラップが終わった後、エミネムは有名人をラップでこき下ろしたことについて、誰かを怒らせるつもりはなかったと主張した。

 「オレは『ク*』と言いたいからそう言っているだけだ」とエミネムは弁解した。「個人攻撃をすることはめったにない。もし個人攻撃なら、誰かが指摘するだろう。楽しいからやっているだけだ」

 エミネムはラップの中で、自分に対する世間の評価を付き合いにくい人物になぞらえ、次のように歌った。「『プリ*クを発明したのはオレだ、それこそ本物のステートメント、あんたの中にビ*チが見えるぜ、ケイトリン/ブルース・ジェンナーのディ*クのように、ピストルをしまっておけ」

 エミネムはここで一瞬口を止め、こう続けた。「無礼で言ってるわけじゃない、そんな意図は全然ない、シャレを言うつもりもない、それにはかなりの度胸がいる」

 6分間のラップの終わりが近づくと、エミネムは世間の評価について語り、ビル・コスビーの連続暴行スキャンダルに触れた。

 「オレは女性蔑視(ミソジニー)から市場の独占(モノポリー)を作った」とエミネム。「ソドミー(男色)がどれだけたくさんのジェローポップ(コスビーが広告を務めたアイス菓子)を添えられるというんだ、この歩く残虐行為め/オレをあざけるのもムリはない、ビル・コスビーと同じくらい不快だからな」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial
GLAM Editorial