GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.18(Sat)

ジェニファー・ローレンス、新しいタトゥーを失敗して後悔!?

ジェニファー・ローレンス

 オスカー女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 24)が、新しいタトゥーを台無しにしてしまったと自虐ネタを披露した。

 ジェニファーは昨年、水の化学式「H2O」を右手に彫り込んだ。しかしこのタトゥーは正確ではなく、数字の位置が間違っているという。

 「(手のタトゥーでは)2が高い位置になっているのは確かだけど、H2Oは2が下に下がっているべきなの」とジェニファーはエンターテイメント情報サイト「Hitfix」に説明した。「タトゥーを永遠に体に残す前にGoogleで調べておけばよかった」

 『ハンガー・ゲーム』シリーズ最終作『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』の公開が控えるジェニファーは、体に大きなタトゥーを入れることには興味がなかった。他のタトゥー愛好家が体に彫り込むものに比べればかわいいものだとジョークも飛ばしている。

 「このタトゥーは反逆心を骨抜きにしたものと呼んでいるわ。本物のタトゥーとはいえないからよ」とジェニファーは茶目っ気たっぷりに語っている。「(リアム・ヘムズワース[Liam Hemsworth]の)家族と一緒にいた時、みんながタトゥーを入れるというので、私は常に水分を補給しておかないといけないタイプだから、手に『H2O』と彫ることにしたの」

 「傷口みたいな色だからナチュラルに見えるし、こんなに弱気なタトゥーを入れた人は他にいないわ」

 ジェニファーはスターが集まるイベントで美しいドレス姿を披露することでも知られ、ディオール(Dior)のアンサンブルを着用することが多い。見事なドレスを華麗に着こなすことはできても、もっとリラックスできる服装のほうが好みだと語ったことがある。

 Psychologies誌とのインタビューで、レッドカーペットで無駄話をするのが楽しいかと質問を受けたジェニファーは、「本気でドレスアップしたいのはその時くらいね」と笑った。「基本、自分だけの時はすっぴんだし、普通の服を着ているほうが好き」

 「兄が2人いるせいか、髪型や学校に何を着て行くかで大騒ぎするようなガーリーなタイプじゃなかった。今でもレッドカーペットに出る時や、大きなイベントで何を着るか考える時には、すごくナーバスになる」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.21(Sun)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
nanat
nanat

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial