GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.17(Fri)

ジャスティン・ビーバー、ふた回り年上のTV司会者にぞっこん!?

ジャスティン・ビーバー

 人気歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber, 21)が、TV司会者のケリー・リパ(Kelly Ripa, 44)にぞっこんだと仰天発言をした。

 ジャスティンは下着姿のケリーがベッドで寝そべっている過去の写真をInstagramに投稿し、恋心を告白。ケリーが俳優のマーク・コンスエロス(Mark Consuelos)と幸せな結婚生活を送り、3人の子どもをもうけていることも分かっているとキャプションに書き込んでいる。

 「ワオ、ケリーは僕をどうにかさせる。失礼な意味じゃないよ、結婚しているのは知ってるから! #大好き」とジャスティンは書き込み、目がハートになっているスマイリーの絵文字を2つ添えた。

 ジャスティンはここ数日、SNS上で活発にメッセージを投稿している。14日にはTwitterで、コーンロウの新しいヘアスタイルを披露して物議をかもした米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られる親友のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)をかばってみせた。カイリーの新しい髪型には『ハンガー・ゲーム』に出演している女優のアマンドラ・ステンバーグ(Amandla Stenberg)もコメントを寄せ、人種差別主義者だと批判している。

 しかしジャスティンは、カイリーの新しい髪型は悪意のあるものではないと力説した。

 「みんな、彼女をそっとしておいて。ただ新しい髪型の様子をみているところで、細かくチェックされちゃってるよ!」とジャスティンはツイートした。「これを知ったのは僕が最初。でも髪をブレイズにしたからといって人種差別主義者だというのはバカげている」

 「もっと大きな視点を持って、バカらしいことでケンカするよりも平等を実現させる行動を起こそう。でも髪をブレイズにした17歳の女の子を批判しても何も始まらない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.13(Tue)

ロマンチックな秋デート♡都内で紅葉のライトアップが楽しめるスポット7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono