GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.09(Thu)

念願の女性となったケイトリン・ジェンナー、次に望むのは恋の相手?

ケイトリン・ジェンナー

 ケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner, 65)が、「共に人生を歩む」人を探しているらしい。

 元オリンピック金メダリストで、性転換プロセスを終える前はブルース(Bruce)と名乗っていたケイトリンは先月、米Vanity Fair誌の表紙を飾った。自信に満ちて輝く表情を見せるケイトリンは最近、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)コミュニティを祝うニューヨーク・プライド・フェスティバルに飛び入り参加するなど、公の場での登場を繰り返している。ようやく夢に見ていた人生を生きているケイトリンだが、まだ欠けているものがあるようだ。

 「ケイトリンは女性への性転換が前向きに受け止められていることに圧倒されている。新しい人生を大いに楽しんでいる一方で、時には孤独も感じている」とある事情通が英Closer誌に語っている。「子どもたちや友だちとは親しいが、人生を共に歩んでくれる相手を見つけたがっている」

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」にも出演していたケイトリンは、元妻のクリス・ジェンナー(Kris Jenner)との間にカイリー(Kylie)、ケンダル(Kendall)を含む6人の子どもをもうけている。

 また同誌は、ケイトリンがすでに友人がセットした複数のデートを楽しんでいるとも報じているが、相性があまり合わなかったようだ。

 ケイトリンの家族は性転換のプロセスを終始応援しており、クリスの連れ子であるキム(Kim)やクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian)らも元継父の恋を手助けすることに前向きのようだ。

 しかし、家族全員から全面的なサポートを受ける日はまだ先かもしれない。

 「キムとクロエはケイトリンが孤独なのを知っているから、ガールフレンドを見つけることに賛成だが、ケンダルやカイリー、(息子の)ブロディ(Brody)たちは急ぎすぎていると感じているんだ」と事情通はつけ加えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat