GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.09(Thu)

ヘイリー・アトウェル、自身が演じるキャラクターがフェミニストから支持を受ける!

ヘイリー・アトウェル

英女優のヘイリー・アトウェル(Hayley Atwell, 33)は、自身が演じるマーベル・ヒーローズのキャラクター、ペギー・カーター(Peggy Carter)がフェミニストの象徴として受け取られて嬉しいという。

ヘイリー演じるペギー・カーターは2011年に公開された映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を皮切りに、いくつかのマーベル映画に登場している。また、ペギーを主人公にしたTVシリーズ「Agent Carter」も放映中だ。

スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)演じる超人的な能力を持つブラック・ウィドウ(Black Widow)など、マーベル・シリーズで増加中の女性キャラクターの一員になることができて、ヘイリーは喜んでいる。

「観客が女性キャラを望んでいるんだと思う。マーベル・シリーズは観客の反応に応えて作られていくのだから、強い女性キャラが登場するのも、女性キャラが増加しているのも人々の期待があるからなのよ。需要があれば無限に増えていくわ。素晴らしい役者たちも演じているわね。マーベル作品はキャスティングがうまいのよ」とdenofgeek.comに打ち明けたヘイリー。

「ペギーをフェミニストの象徴だと思ってくれる人々にイベントで会うのも嬉しいわ。みんなペギーの台詞を引用してくれるの。『私は自分の価値をわかっている。他人の意見は気にしない』とかね」

ヘイリーはマーベル・シリーズの最新作『Ant-Man(原題)』にも出演するようだが、彼女の分身であるペギーのシーンについては取り決め上、口外できないという。

ヘイリーは2人のトレーナーに指導を仰ぎ、アクション・シーンも自ら演じている。幸運なことに彼女の筋肉が、ドラマの学校で学んだアクションを記憶していたので、その動きを呼び起こすのは難しくなかった。

「アクション・シーンは、はけ口でもあるの。鬱憤を晴らすにはピッタリだわ。ペギーを演じる緊張感を解放することもできるし」と語ったテイラー。「しかもハイヒールと細身のスカートでやらなきゃいけないから、いつも大変なのよ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial