GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.29(Mon)

リック・オウエンス、ランウェイで抗議したモデルを殴る!

リック・オウエンスの2016年春夏コレクション

 ファッションデザイナーのリック・オウエンス(Rick Owens)が、2016年春夏コレクションのランウェイで抗議活動したモデルを殴った。

 リックは過激なファッションショーを行うことでも有名で、2015年秋コレクションでは男性の性器を露出させて物議をかもした。25日午前にパリで行われたショーでは最新メンズコレクションを発表したが、ある男性モデルがランウェイで抗議活動をしたことに激怒した。

 ファッション業界紙「WWD」によるとジェラ(Jera)という名前のこのモデルは、「アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)を殺して下さい--否」と書かれた布を掲げ、独首相に言及した。

 しかしリックはこの行動を受け入れられず、英Dazed誌デジタル版でことのてん末を説明した。

 「アンゲラ・メルケルを殺せとか何とか書いてあったと思う。そうだよね? 僕のアイディアじゃないから分からない。彼がそれを取り出したから、僕はステージ裏で彼を殴ったよ」とリックは怒りをぶちまけた。彼はこの12年間、僕にとって男性ミューズだったし、ショーで何をやってもいいと勘違いしたんだろうが、僕の怒りは収まらない」

 リックはWWDにこうつけ加えている。「彼が舞台から戻ってきたときに僕が殴ったのは、頭のおかしい、反抗的な役立たずのモデルだった。僕が殴ったことはぜひ伝えてほしい」

 リックの最新コレクションは男性の攻撃性をテーマとしているだけに、今回のハプニングで余計に怒りが収まらないようだ。

 「メンズコレクションの構想を練るときは、常に攻撃性が頭にある。なぜなら男性のDNAに埋め込まれているものであり、私も含めた男性全員が考え、悩んでいるものだからだ」とリックはDazedに説明した。「野望と効率が攻撃性に加わるのはいつなのか?という疑問をいつも考えている。そしてあのモデルは自分の攻撃性に流されてしまい、バランスを失った。アンバランスになったんだ。攻撃性に乗っ取られてしまった」

 リックは今回のハプニングは計画したものではないと明言。会社を通じて発表された公式声明でも計画性を否定した。ブランドの精神を反映したものでは一切ない、「独自の声明」だとしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial