GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.06.19(Fri)

新譜を制作中のジャネット・ジャクソン、ファンへの感謝の思いが膨らむ!

ジャネット・ジャクソン

2008年のアルバム「ディシプリン」以来7年ぶりのニューアルバムを発表する米歌手のジャネット・ジャクソン(Janet Jackson、49)は、その準備に現在追われている。

そんな中、ある楽曲の43秒のビデオクリップがジャネットのツイッターアカウントに上げられた。甘い曲調のそのビデオには、歌の詩が書かれたメモが印象的に使われており、ビデオのキャプションとして上げられたツイートには、「私にとってあなたたちがどれほど大切か、それを言いたかったの! ラブ ジャネット#ConversationsInACafe」とつづられていた。

ツイッターに上げられたその短いビデオは「アンブレイカブル」と名づけられた彼女のニューアルバムに収録された一曲ではないか、という憶測が飛んでいる。

その曲で歌われている歌詞は、親しい者たちだけが持ちえる感覚に溢れている。

「間違え、誤解をしてきたこともあった。でもそれは歳を重ねることの一部。どんなときも、あなたの愛を感じて歩いてきた。あなたがいたからこそ、私も大事な存在なんだと思えた。伝えたい、あなたが私にとってどんなに大事な存在であるかを」

歌詞は、あきらかにジャネットがその心の奥にしまっている強い思いと脆さを歌い上げ、この一節が「アンブレイカブル」の中の一曲であることは想像に難くない。

ジャネットは彼女の音楽で人々の心をつないでいこうとしているのではないか? そんな憶測があちらこちらで囁かれている。

「『アンブレイカブル』は、人々の心、愛、結婚、そしてジャネットの大切なファンたち、大切な家族に対して作られたアルバムです」とある関係者はET Onlineのインタビューで答えている。「ジャネット・ジャクソンが世界に届けようとしているメッセージは、誤解や痛み、失うことを経験し、愛し繋がることは決して壊れることのないもの(アンブレイカブル)になる、ということじゃないかな」

ジャネットは、アルバムの発表後に世界ツアーに出る準備をしているとファンたちに宣言している。

「約束をしたことを覚えている?時が来たら、私が自分で発表をするって。それをいま実行するわ。新しい音楽、新しい世界ツアー、そして新しい生き方、それが全て今年中に起こる。ずっとみんなの声に耳を傾けてきたわ。そうよ、この会話をずっと続けましょう!」彼女のツイッターにあげられたもう一本のビデオクリップで、ジャネット自身が語った言葉である。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team