GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.18(Thu)

ジェニファー・アニストン、唇を厚くする整形手術の流行に苦言!

ジェニファー・アニストン

 女優のジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston, 46)は、若い女性の間で唇を厚くする整形手術が流行しているのが信じられないようだ。

 唇を厚くさせる整形手術は有名人の間でも人気で、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner, 17)ら若手スターも整形を認めている。

 しかしジェニファーはこうした流行に苦言を呈し、若者が美容のためならどんな苦労もいとわない風潮にショックを受けているようだ。

 「まだ子どもなのに、あらゆることをやっているのよ!リップフィラーに10歳でのメイクアップ、それに美顔も」とジェニファーは米People誌でため息をついた。「それに、このいまいましい携帯電話も! 子どもたちはもう顔を合わせて話すこともないわ」

 ジェニファー自身もメイク好きで、_化粧をしていない顔を激写されることはほとんどない。しかし、化粧をやりすぎないように心がけており、ナチュラルなルックスを好んでいるが、最新作『Cake(原題)』の撮影では、いつものメイクをすべてかなぐり捨てる必要があった。

 「『Cake』の撮影時は完全にスッピンだったわ。自分がすごく緊張していたことにびっくりしたくらい。でもそういう気持ちは捨てて、気にしなかった。メイクをしていると安心感があるけど、今回の撮影でそれから解放されたわ」とジェニファーは認めた。「今は以前より(メイクアップには)興味がなくなった。(フィアンセの)ジャスティン(・セロー、Justin Theroux)はスッピンの方が大好き。でも目を念入りにメイクしたときも好きなの!」

 ジェニファーは今年、ファッションの好みでちょっとした変化があり、普段なら安心して選ぶ服よりも胸元が大きく開いたものを着るようになっている。しかし中には、どうしてもなじめない流行もあるようだ。

 「スキニージーンズを着ると、ひどく不格好なの! いつになったらなくなってくれるんだろうって思う」とジェニファーは笑った。「ベルボトムかブーツカットで満足しているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat