GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.14(Sun)

ルーマー・ウィリス、ダンス番組で優勝しても容姿をめぐるイジメは絶えずと苦悩

ルーマー・ウィリス

 俳優のブルース・ウィリス(Bruce Willis)と女優のデミ・ムーア(Demi Moore)元夫妻の長女で女優のルーマー・ウィリス(Rumer Willis, 26)は、その容姿をネット上でたたかれることが多い。先日にはダンスコンペティション番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」シーズン20で見事優勝したにもかかわらず、そうしたイジメはなくなっていないようだ。

 「『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』で有名になったくらいでイジメがなくなるわけがないわ」とルーマーは米版Glamour誌7月号で語っている。「番組が始まった後、ソーシャルメディアで毎日10人はブロックしなくちゃいけなかった。ほっといてくれないの」

 しかしルーマーは否定的な人たちのせいで気落ちするつもりはない。たとえ侮辱されても、気高さを失うわけにはいかないようだ。

 「今イジメに遭うと、他人のマイナス意見に気をとられては自分がみじめになるだけだってことを思い出すの」とルーマーは話している。「気分が落ち込み始めたら、一歩下がって『いいわ、今日は最高の気分じゃないけど、自分の考えを変えるために何ができる?』と考える。難しいけど、『自分はデブ』や『ブサイク』と言うのをやめて、『でも私にはこれがある』と思った瞬間、何かが変わるのよ」

 しかしルーマーは、ハリウッドの超有名スターを両親に持ったことで、自尊心に関わる多くの問題に悩まされたとも語っている。世間の注目を浴びて成長してきたため、完ぺきでいなくてはならないプレッシャーにさらされていたようだ。

 「私みたいに世間の視線を浴びて成長すると、何かバカなことをしたり、間違った発言をしたり、頭がおかしくなったりするのをみんなが注目するようになる」とルーマー。「私は容姿のせいでいつもイジメに遭ってきたから、体のイメージにはすごく悩まされた。お尻も胸も、引っ込んでいてほしかった。やせて中性的な容姿であってほしいと思っていた時期が長かったわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial