GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.10(Wed)

ジェイ・コートニー、必死の努力で『ターミネーター』新作への出演を獲得した経緯を告白!

ジェイ・コートニー

 豪出身の俳優ジェイ・コートニー(Jai Courtney, 29)は、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』に自分の出番はないと知らされたとき、怒りを抑えられなかった。

 ジェイは『アウトロー』や『ダイバージェント』、『Unbroken(原題)』などに出演し、ゆっくり、しかし着実にスターへの階段を駆け上がってきた。次回作の『ターミネーター』シリーズ第5作ではカイル・リース役を演じ、第1作から出演しているアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)との共演を果たした。ジェイにとっては大きな成果だが、実は当初は違う展開だったようだ。

 「実際にはエージェントからこの作品が動き出したと聞いたんだけど、僕の出演はないとも言われた。『はあ?』と思ったよ。同年代の他の役者がスクリーンテストを受けているという記事を読んで、『どうしてこんなチャンスを逃したんだ?』と思った。正直、ちょっとムッとしたよ。でも脚本を読むチャンスをもらえて、実は地元オーストラリアで『Unbroken』の撮影に参加していたときに連絡をもらって、『君をテストすることになった。今週末にロサンゼルスに飛んでもらう』と言われたんだ」とジェイは米Interview誌の「The New Hollywood Heavies」特集号で振り返った。「1つのオーディションのために移動した距離としては最長だった。土曜日に飛行機に乗って、ロサンゼルスに向かい、地球の自転の関係で同じ土曜日の朝に飛行機を降りて、オーディションに出て、午後にまた飛行機でオーストラリアに戻った。月曜日にはまた仕事場に復帰したよ」

 オーディションのために多くの時間を費やしただけに、ジェイは出演を獲得したと思った。でなければ週末を「とてつもない無駄づかい」にしてしまっただろう。

 しかし幸い、その熱意は報われ、撮影の準備に入るように指示されたという。しかし当初は「体重が重すぎる」と言われ、早急に体重を落とす必要があった。ファストフードとタバコが好きなジェイにとっては困難な課題だったようだ。

 「それから6週間はランニングマシーンの上で生活していたよ。文字通り、ベッドの端のほうに置きっぱなしにしていたんだ」とジェイは話している。「それに銃の扱い方でも特訓を受けた。(サラ・コナーを演じる)エミリア(・クラーク、Emilia Clarke)と僕を中心に特訓したよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial