GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.04(Thu)

ポール・フェイグ監督、女性版『ゴーストバスターズ』撮影開始直前になっても脚本を書き直し中!

ポール・フェイグ

 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などで知られるポール・フェイグ(Paul Feig)監督が、『ゴーストバスターズ』新作の脚本の手直しを今も続けていると告白した。

 ポールは80年代の大ヒット映画の新作を、メリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)、レスリー・ジョーンズ(Leslie Jones)、クリステン・ウィグ(Kristen Wiig)、ケイト・マッキノン(Kate McKinnon)らオール女性キャストで撮影する準備を進めている。しかし撮影開始まで1ヶ月を切ったというのに、いまだに脚本の手直しをしているようだ。

 「なんで自分が今ここに座っているのか分からない。文字通り、控え室で脚本の書き直しをしているんだ」とポールはニュースサイト「Huffington Post」のオンライン放送「HuffPost Live」で語った。「すでに良い脚本があるのに、手直しがやめられない」

 ポールはケイティ・ディポルド(Katie Dippold)と共に新『ゴーストバスターズ』の脚本を執筆している。昨年8月に企画を発表した数ヶ月後、1984年のオリジナル版でメガホンをとったアイヴァン・ライトマン(Ivan Reitman)監督も続編を作ると明かし、チャニング・テイタム(Channing Tatum)とダン・エイクロイド(Dan Aykroyd)が主役を務めると発表した。

 ポールは自身の女性キャスト版が男性キャスト版とライバル視されることに違和感を感じているが、アイヴァンのバージョンも応援していると語った。

 「チャニングは良い役者だし、すばらしいものになると思うけど、僕は(自分のバージョンに)集中する。 3週間で撮影が始まるんだ」とポールは話している。「アイヴァンや関係者が新作をやりたいと思っているのは知っていた。それは良いことだけど、ちょっと驚いた。誰も漏らすつもりがなかったリークだった」

 ポールは『ゴーストバスターズ』前2作を参考にする気はないとも強調した。2016年に公開が予定される自分の作品で、全く新しい世界を作り出すつもりでいるという。

 「僕たちの手で新しいものを作りたい。オリジナル(映画)には近づきたくないんだ。観客はリブート作品にうんざりしているからこそ、これがもっと良いやり方だと思うよ」とポールは力説した。「嫌いならそれで構わない」

 ポールは現在、メリッサやジュード・ロウ(Jude Law)、ローズ・バーン(Rose Byrne)、ジェイソン・ステイサム(Jason Statham)らが出演する新アクションコメディ映画『Spy(原題)』のプロモーションを展開中だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial