GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.03(Wed)

ジェシカ・ラング、女性化した「元」ブルース・ジェンナーに似ているとの指摘も「すばらしいこと」と余裕の対応!

ジェシカ・ラング

 ベテラン女優のジェシカ・ラング(Jessica Lange, 66)が、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られ、性転換プロセスを終了したブルース・ジェンナー(Bruce Jenner, 65)に似ていると指摘されても余裕の対応をみせている。

 元五輪金メダリストのブルースは1日、米Vanity Fair誌の表紙を飾り、ケイトリン(Caitlyn)という名前で女性としての公式デビューを果たした。

 その後、ケイトリンの容姿がジェシカにそっくりだとTwitterで騒ぎとなった。しかしTVシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」などで知られるジェシカは、ファンの観察眼に感服したようだ。

 米ニュースサイト「The Daily Beast」

にTwitterの最新トレンドについて知らされたジェシカは、「あらそう?」と答えた。「とてもすばらしいこと。これからその写真を探して見てみるわ」

 しかしジェシカは、Twitterのトレンドが何かはよく分かっていないとも明かしている。

 『ビッグ・フィッシュ』など数々の名作に出演し、キャリアを通じてアカデミー賞(R)を2回受賞し、様々な賞に117回もノミネートされたジェシカは、ソーシャルメディアを全く利用していない。

 「ケイトリン・ジェンナーが表紙になったことでTwitterのトレンドになったのね。私はインターネットは使わないから」とジェシカは話している。「専門用語を使われると、何を言っているのか全然分からない。繰り返してもらわないと理解できないわ」

 一方、ケイトリンの性転換プロセスは今年のメディア界で最大の話題となり、Twitterの新記録も樹立した。

 ケイトリンが1日、初めてのツイートを投稿すると、わずか4時間で100万人がフォロー。これまではバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領がアカウント開設から最速で最多の新フォロワー数を獲得したギネス記録を保持していたが、ケイトリンによって破られることになった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial