GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.05.29(Fri)

母となったファーギー、妊娠前の体型をキープするため猛烈な勢いでジム通い?

ファーギー

 米人気ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)で活躍していた歌手のファーギー(Fergie)は、あまりにもジム通いに熱中しているため、「強迫観念」にとらわれているのではと周囲を不安にさせているらしい。

 ファーギーは2013年8月に夫で俳優のジョシュ・デュアメル(Josh Duhamel)との第1子アクセル(Axl)君を出産。その後は妊娠中に増えた体重を落とすべく、数えきれない時間をエクササイズをしてすごしているという。

 現在はしなやかでヘルシーな体型を保っているが、ある事情通は米版OK!誌に対し、ファーギーはフィットネスにコミットするあまり、最近ではほとんど「強迫観念」になっていると明かしている。スリムな体型をキープすることに打ち込むあまり、ジョシュとの第2子を妊娠する考えは、まったく魅力的ではなくなっているようだ。

 「2人目の子どもは、今のファーギーの人生にちっとも当てはまることじゃないの」と事情通が指摘している。

 しかし夫のジョシュは家族を増やす計画について、妻と意見が異なるようだ。できるだけ早く、「何が何でも2人目をほしがっている」という。

 ファーギーのトレーナーを務めるナターシャ・クファ(Natasha Kufa)は以前、どんなワークアウトをしているのか詳細を明かしたことがある。献身的なまでに健康に気をつかうファーギーの態度に感心させられたようだ。

 「驚くほど打ち込んでいるわ」とナターシャは先日、同誌に語っている。「真剣だし、ワークアウトを休む言い訳をしたこともない」

 ナターシャは週6日、1日約2時間をかけてファーギーが体の各部分をシェイプアップするのをアシストしている。美脚のためスクワットをするのが好きらしく、1セット15回から20回を3セット行っているという。また、きれいな腹筋を保つため、ファーギーは毎回のセッションで200回から600回の腹筋運動をこなしているようだ。

 ヒップホップ界きっての美女としても知られるファーギーは、ウェイトトレーニングもエクササイズに取り込んでいる。

 「3ポンド(約1.36キロ)のウェイトを使って、高速反復運動をしている。より早くカロリーを燃焼するし、引き締まった筋肉を作るの」とナターシャは説明した。「フロントレイズとサイドレイズをそれぞれ2分、できるだけの繰り返す。休憩を入れたら、腕をまっすぐにしてオーバーヘッドプレスをするわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team