GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.25(Sat)

サンドラ・ブロック、Peopleの「最も美しい女性」に選ばれて「バカげてる」と仰天!

サンドラ・ブロック

 女優のサンドラ・ブロック(Sandra Bullock, 50)が、米People誌が選ぶ「2015年世界で最も美しい女性」の栄冠に輝いた。

 しかしサンドラは投票結果を聞き、「バカげてる」と驚いたという。大勢の美女との激しいデッドヒートを繰り広げての結果だが、サンドラは笑うしかなかったようだ。

 「ありえない。『こんなのバカげてる』と言ってしまったくらいよ」とサンドラは同誌に語った。「誰にも言ってないわ」

 サンドラにとって、真の美しさは口に出さないものだ。オスカー女優でもある彼女は、真の美しさは簡単に見えるものではないと確信している。容姿を重視するハリウッドではなおさらだ。

 「本当の美しさは静かなもの。とくに_この街では、『ああ、あんな容姿だったらいいのに』と思わないでいるのは大変なことだもの」と彼女は説明した。「いいえ、良い人、良い母親であることを心がけて、おいしいランチをつくって、自分より急いでいる人には列の順番を譲ってあげること。私が最も美しいと思う人は、心に余裕がある人なの」

 サンドラにとって最大の成果は子育てで、現在は養子のルイ(Louis, 5)君をシングルマザーとして育てている。元夫ジェシー・ジェームズ(Jesse James)とは養子縁組の初期段階の最中に離婚した。

 サンドラとルイ君はとても仲がよく、自分を一番ほめてくれるのは息子だと彼女は話している。

 「息子を寝かしつけていたとき、今よりもっと年をとって、白髪もしわも増えても、あなたを愛する気持ちは変わらないし、こうやって寝かしつけるわと息子に言ったの」とサンドラは笑顔で振り返った。「どうしてしわがあるのかと息子に聞かれたから、『そうね、そのうち何本かは笑いすぎてできたものだといいけど』と答えた。そしたら息子は私の顔に触れて、『年とったんじゃないよ、幸せなだけだよ』と言ったの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat