GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.24(Fri)

ケンダル・ジェンナー&ジャスティン・ビーバー、野外フェスでイチャイチャぶりを披露!

ケンダル・ジェンナー

 カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber, 21)と、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られ、モデルとしても活躍するケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner, 19)は、野外音楽フェス、コーチェラ・ミュージック・フェスティバルで、お互いのそばを離れられないほどのイチャイチャぶりを見せつけていたようだ。

 毎年恒例のコーチェラにはショウビズ界から大勢のトップスターが駆けつけ、今年はクリス・ブラウン(Chris Brown)やケイティ・ペリー(Katy Perry)、アーロン・ポール(Aaron Paul)らが顔を出した。

 ケンドラも妹のカイリー(Kylie)と一緒に来ていたが、ジャスティンと一緒にいることしか頭になかったようだ。

 「まるでカップルのように振る舞っていて、誰に見られても気にしない様子だった。ジャスティンはしょっちゅうケンダルの耳元でささやいたり、笑わせたりしていて、とにかくイチャイチャしていた。もしどちらかがいちゃつきを控えようとしていたとすれば、それはケンダルのほうだけど、抵抗するそぶりもなかった」とあるフェスティバル参加者が英Grazia誌に語っている。

 別の参加者も、「2人はイチャイチャするときは必ずバックステージにいることを確かめていたけど、それでも気づかれていた。ジャスティンは金曜日のパーティーでケンダルの妹カイリーが泥酔していると思い、彼女のそばについていた」と証言している。

 ケンダルとジャスティンは以前から熱愛の噂が流れている。昨年の同フェスでもアツアツぶりを見せつけていたほか、パリ・ファッションウィークでも一緒に食事に出かける姿を目撃されている。

 また先日、2人は米Vogue誌でまるで恋人のように振る舞う写真を披露して話題となった。ケンダルはモデルとして成功を収めつつあるだけに、ジャスティンのメディアでの扱われ方に不安を感じているともいわれている。

 「ケンダルとジャスティンは数ヶ月前から気軽な関係でのデートを重ねている。今まではくっついたり離れたりの仲でしかなかったけど、だんだん真剣な関係になりつつある。ケンダルが交際を宣言しない主な理由は、ジャスティンのバッドボーイとしての評判だ。自分のイメージをとても気にしていて、モデルとして認められたいと必死なんだ」と別の関係者もコメントしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial