GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.04.23(Thu)

昏睡状態だったボビー・クリスティーナ・ブラウンが意識を回復!

ボビー・ブラウン

 R&B歌手ボビー・ブラウン(Bobby Brown, 46)の弁護士によると、ボビーと故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)さんの間に生まれた娘で、昏睡状態だったボビー・クリスティーナ・ブラウン(Bobbi Kristina Brown, 22)が回復をみせているという。

 ボビーが18日のコンサートで、娘が「意識を回復」したと発表すると、ファンは大歓声を上げた。ボビー・クリスティーナは1月31日以降、医療行為によって昏睡状態にされていたと報じられていただけに、意識を回復したというニュースは驚きをもって受け止められた。

 ボビーの代理人を務めるブラウン&ローゼンLLCのクリストファー・ブラウン(Christopher Brown)弁護士は20日、依頼人のコメントについて事実関係を明らかにした。

 「2015年4月18日土曜日にテキサスであったコンサートでボビー・ブラウンが発言したことについて、より詳細な情報がほしいという要請がたくさん寄せられたこともあり、ボビー・クリスティーナの容体に関する報道の内容を明らかにする必要があった」とブラウン弁護士は米Us Weekly誌に寄せた声明でコメントした。「エモリー大学病院から転院して以来、ボビー・クリスティーナの容体に変化があり、回復もみられている。医師団は彼女が長生きする可能性を示唆している。しかしボビー・クリスティーナは現在、リハビリ治療のプロセスを始めたばかりで、その生活の質については今後数年間は不明のままだ」

 現在妊娠中のボビーの妻アリシア・エサリッジ=ブラウン(Alicia Etheredge-Brown)も、継子ボビー・クリスティーナの健康状態について公式の最新情報を提供した。

 「夫は娘の病状について、毎日のように家族と世間の両方から寄せられる否定的な見解を正そうとしてきました」とアリシアは声明で強調した。「夫はボビー・クリスティーナが2015年1月31日に入院して以来、徐々に回復していることに勇気づけられています。ICUでの治療を終え、目を開けて、長くつらいリハビリをスタートしています。神がわたしたちに与えてくれた祝福を手放すことなく、彼女が家族として生まれてくる妹との絆を築き、愛情と信頼に包まれて大きくなるのを楽しみにしています。夫が最もつらく、困難な人生のこの時期を、彼を心から支え、ボビー・クリスティーナの回復のみを祈ってくれる周囲の人々に囲まれることで乗り越えていけたらと願うばかりです。人にとって命より大切なものはないのですから」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.07.26(Sun)

【2020年の制汗スプレー】夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
nanat
nanat

2020.04.22(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team