GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.12(Sun)

”エンジェル”を卒業したカーリー・クロス、自分も学んだ”コーディング”の奨学金プログラムを立ち上げ!

カーリー・クロス

米人気ファッションモデルのカーリー・クロス(Karlie Kloss、22)は、今春それまで務めていたランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告塔“エンジェル”を卒業。これはカーリーがニューヨークの大学に進学することが決まったからだが、そんなカーリーがコンピューター専門校の「Flatiron School」と共同で、“コーディング”(コンピューターのソースコードをプログラミングする技術)を学ぶコースの奨学金を20人の女子高校生に与えるプログラム「Kode with Karlie(カーリーとコードしよう)」を立ち上げることになった。カーリー自身、昨夏に同校でコーディングの2週間コースを履修しているが、この奨学金の資金はカーリー本人が自ら提供するものだという。

「#Kode with Karlie奨学金@# Flatiron Schoolを発表できて嬉しく思っています!貴女がコーディングをしたい理由をわたしに語ってください!」と、カーリーはツイートで呼びかけている。

「世界を動かしているのは誰?コーダーたちよ!#Kode with Karlie奨学金@# Flatiron Schoolに応募して、コーディングを学ぶチャンスを掴んでください!」

応募者は、カーリーも学んだと同じそのコースを何故自分も履修したいかを60秒のビデオで説明して訴えることになる。審査にはカーリーも参加し、合格者のうち10名がFlatiron Schoolニューヨーク本校で、あと10名がニューヨーク以外の全米各地にもあるFlatiron School各校で学ぶことになるという。応募締め切りは5月1日、合格者発表は5月10日。

「若い女性がなるべく早い時期にコーディングを学ぶことは、わたしたち女性がこの世界に自分たちの声を反映させ、その在り方を形づくることに参加するために、とても重要な事だと思います」と、カーリーはFlatiron Schoolの説明ビデオの中で語っている。

このプログラムが一度きりのものか、今後もカーリーが奨学金を提供し続けるかなどは、いまのところまだ不明。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都