GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.04(Sat)

アーロン・テイラー=ジョンソン、24歳年上妻のサムは赤い糸で結ばれた相手!

サム&アーロン・テイラー=ジョンソン夫妻

2010年映画『キック・アス』の主人公役や2012年映画『アンナ・カレーニナ』のヴロンスキー伯爵役などで知られる英俳優のアーロン・テイラー=ジョンソン(Aaron Taylor-Johnson)は、22歳だった2012年に結婚。妻となったのが、24歳年上の映画監督のサム(Sam)だっただけに、当時は口さがないひとたちにとやかく言われたものであるが、その後3年、ふたりはハリウッドにはなかなか珍しいおしどり夫婦として2人の娘さんに恵まれるとともに、アーロンはサムと前夫の間の子供たち2人にもよきパパぶりを発揮しているというのがもっぱらの評判。

「サムと出会った時に、すぐピンと来たんだよ。このひとにぼくの子供を産んでもらいたい、この人と一緒にいたい、結婚したい、ってね」と、アーロンは英版Marie Claire誌で最近も惚気っぱなし。

「どうしても役者になりたいと思ったことはないけれど、父親でいることは幸せだよ」

そんなアーロンとサムは、仕事のほうでも最近絶好調。アーロンは最新出演作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が来月5月には全米公開(7月日本公開予定)、サムのほうは監督した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が全世界で5億ドル(約600億円)の興行収入をあげるというメガヒットになっている。しかし、サムは同映画の続編に関しては降板することを発表している。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の製作開始前には、同映画のクリスチャン・グレイ役にアーロンが検討されているという報道も一部に見られたが、アーロンはこれを笑い飛ばした。

「いや、とんでもない!ぼくがあの役を演じたら、多くの原作ファンが不満だったと思う。サムもぼくも原作を読んだけれど、彼女がこれを監督するとして、これがぼく向きの役でないことは、ふたりともすぐに分かったからね」と、アーロンは振り返った。

「それで、よかったのさ。ふたりとも、この作品をどうしてもやりたいという感じではなかったけれど、この作品を見事に監督として自分の作品にしあげたサムのことは、もちろん誇りに思う。ぼくが自分でやりたいという役でなかったのは、サムが監督する作品だっただけに逆に気が楽で幸いだった。そもそも、あの役を演じるには、ぼくは少し若すぎる気がするよ!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial