GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.03.18(Wed)

「ルイ・ヴィトン」2015秋冬コレで注目を集めた新星フェルナンダ・リー、ピンク髪のメンテを語る!

フェルナンダ・リー

今月開催されたパリファッションウィーク。並みいるトップモデルたちが各ハウスのショーに出演したが、「あの娘は誰?」と注目を集めたひとりが豪出身のフェルナンダ・リー(Fernanda Ly、18)。

白い毛皮のコートを身にまとい「ルイ・ヴィトン」の秋冬コレクションショーのキャットウォークを歩いたフェルナンダは、その綿菓子のような鮮烈なピンク色の髪がコートに対して見事に映えていて、大いに観客の目を奪っていた。

これまで母国を中心に活躍してきたフェルナンダだが、「ルイ・ヴィトン」のクリエイティブディレクターであるニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)「ルイ・ヴィトン」クリエイティブディレクターであるニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)に抜擢されて、今回大きな舞台に飛び出した形だ。

「朝一番に(まだ寝床でうつらうつらしながら)メールをチェックしていたら、この仕事を貰えたことを知ったの!夢でないことを祈って、思わず画面をスクリーンショットして保存してしまったわ」と、フェルナンダはvogue.com.auに対して微笑んだ。

「とても記憶に残る経験になったわ。ニコラは、情熱に溢れていて一緒に仕事をさせていただいて素晴らしかったです。今回のリーンはとても着心地の良いものばかり。ぜいたくを言えば、あの毛皮のコートがオーストラリアの気候にもぴったり合っていればより素晴らしいのですが・・・」

そんなフェルナンダ、自身のトレードマークであるピンク色の髪はメンテをするのがひと苦労だと認めている。

「忍耐をもって、ひたすら手入れしているわ!髪を常に気遣っていないと、頭が禿げてしまうのではないかと思うぐリーよ。この髪色を保つために、コンディショナーに染料を混ぜて使っている。自然じゃない髪色をずっと保ちたいひとにはお薦めの方法よ」と、フェルナンダは説明した。「髪に関してはいろいろ尋ねられるから、すらすら答えが出るようになったわ」と微笑んだ。

ファッションにずっと興味を持っていたというフェルナンダだが、実際にモデルになってみて、この仕事が見かけ以上に大変であることを痛感したという。彼女が身に染みて学んだ貴重な教訓のひとつは、モデルの頭髪にカーリングアイアン、あるいはまつげにアイラッシュカーラーを使おうとしているスタイリストの邪魔は、決してしてはいけないというものだそうだ

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial