GLAM Editorial

2015.03.17(Tue)

『シンデレラ』で一躍有名になったリリー・ジェームズ、今でも顔バレせず一般人に溶け込む?

リリー・ジェームズ

 若手女優のリリー・ジェームズ(Lily James, 25)は、有名になった今も公の場では目立たない存在のようだ。

 リリーは日本でも4月に公開されるディズニーの実写版『シンデレラ』で主役を演じ、一躍スターとなった。2012年に英人気TVドラマ「ダウントン・アビー ~貴族とメイドと相続人~」に出演し、すでに名前は知られていたが、街を歩いても誰にも顔バレしないという。

 「本当に無名なの」とリリーは英The Independent紙に語っている。「かなりカメレオン的なんだと思う。カメラの前と普通のときとは、かなり違って見えるみたい。すごくユニークな顔だったり、強烈なルックスだったりすると、顔バレすると思うけど、自分はそうじゃないわ」

 リリーは自分の生活が変わったとはあまり感じていない。『シンデレラ』の世界プロモーションツアーが終われば、ロンドン南東部ペッカムのアパートに戻るつもりだと認めた。しかし突然有名になったことで、自身の存在意義を問う瞬間も何度かあったと告白した。

 「今ちょうど、自分の選択に疑問を持って、『どうしてこの仕事をしているの? 本当に好きでやっている?』と自問自答する段階なの」とリリーが胸の内を明かした。

 リリーの本名はトムソン(Thomson)という苗字だが、演劇学校を卒業した後で新しい芸名を持つことにした。しかしリリー・トムソンという女優はすでに存在していた。リリー・ジェームズと名乗ることで、時には勘違いされることもあると彼女は認めている。

 今の芸名にするしか選択の余地がなかったことについて、リリーは「すごくイライラした」と語った。「でも父の名前『ジェームズ』に変えたの。今ではとても大切に思っているわ」

 「ややこしいわ。芝居のチケットを予約したり、ホテルにチェックインしたりするとき、どっちの名前でしたらいいのか分からないし、なりすましみたいに聞こえるから」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial

2020.10.08(Thu)

東京のお土産ならスイートポテトがおすすめ!話題の商品はどれ?
GLAM Editorial