GLAM Editorial

2015.03.14(Sat)

アジーリア・バンクス、元恋人から受けたDV被害を曲に

アジーリア・バンクス

 女性ラッパーのアジーリア・バンクス(Azealia Banks, 23)が、過去の虐待関係を曲にしている。

 率直な物言いで知られるアジーリアは2011年、レイジー・J(Lazy Jay)をフィーチャーしたヒット曲「212」で大ブレイクした。ところが、ようやく初のスタジオアルバムがリリースされたのは昨年末。しかしアジーリアはその間も、ラップ歌手のイギー・アゼリア(Iggy Azalea)とのTwitter上の舌戦など、有名人との対立を繰り返してメディアの注目を浴びてきた。

 そんなタフなキャラで知られるアジーリアだが、過去には恋人に虐待されたことがあったようだ。

 「『Desperado』という曲? ボーイフレンドにひどく殴られたことを歌っているわ。ここ数年間は正気を失っていて、何度か気が変になったこともある。でもその狂気があったからこそ、このアルバムを作ることができた」とアジーリアは英ES誌で告白した。「17歳のときからこの人と付き合っていた。かなり年上で、離婚したとウソをついてわたしの気を引いた。後になって、これから離婚すると言い出したから、『もう離婚したんじゃなかったの?』と聞き返した。彼と別れてからモントリオールに行って、『212』を書き上げたわ」

 この男性との関係はすぐに暴力的なものになり、彼はテストステロンやステロイド、抗うつ剤などを服用していたとアジーリアは振り返った。そして事態は最悪の展開を迎え、彼はアジーリアに手を出したという。

 「ケンカをして、彼に殴られた。バカなわたしは(アメリカに)戻ってからもう一度殴られた。だから頭がおかしくなっていたの。あの男のせいで気が狂っていた」とアジーリアは自分の行動を振り返った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO