GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.03.10(Tue)

御年56歳のマドンナ、年齢差別に猛烈批判!

マドンナ

 人気歌手のマドンナ(Madonna, 56)が、年齢で人を判断することは「ク*くらえ」だと猛烈に批判した。

 「クィーン・オブ・ポップ」の異名をとるマドンナは、そのスタイルで批判されることも少なくなく、セクシースターと言うには年齢が高すぎるとして、彼女の地位をおとしめようとする動きもある。

 しかしマドンナは、人は人生のどのステージにいてもすばらしいはずだと確信し、年齢による差別を嫌悪している。

 「手を打つべきなのに、まだ何も手が打たれていない差別の一種だと感じるわ。年齢で誰かを批判するのは、人種差別的な発言や、あるいは同性愛者を差別する発言と同じように禁止されるべきよ」とマドンナは米エンターテイメント情報番組「Access Hollywood」で語った。「性差別だし、年齢差別だし、なによりク*くらえだわ」

 マドンナは実子のローデス(Lourdes, 18)とロッコ(Rocco, 14)君に加え、養子のデヴィッド(David, 8)君、マーシー(Mercy, 8)ちゃんの計4児を育てている。子どもたちに健康的な形で性行為を知ってもらうには、正直に語ることが最善だと確信している。

 「それが人生の事実というものじゃない? 何らかの形で、いつか必ず起きるものだわ。自分にもあったし、(ローデスにも)起きる」とマドンナは話している。「自分にできるのは、安全なセックス(を強調すること)だけ。話し合って、正直になるよう後押しして、一方的に批判しないことよ」

 マドンナは今月、北米とヨーロッパで「レベル・ハート」ツアーを敢行すると正式に発表。ツアーは8月末にキックオフする。

 マドンナはニューアルバム『レベル・ハート』の仕上がりに満足していて、いくつか大好きな曲が含まれていると認めた。

 「いくつかあって、『ゴーストタウン』や『アンアポロジェティック・ビ*チ』、『デヴィル・プレイ』がそう」と彼女は明かし、「リヴィング・フォー・ラヴ」は希望の歌だとつけ加えた。

 「苦しさに甘んじて生きることや、苦しさに捕われることじゃなく、前に進み、乗り越えて、教訓を学び、それでも希望を失わないことを歌った曲なの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.07(Wed)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.22(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial