GLAM Editorial

2015.03.07(Sat)

クリスティアーノ・ロナウド、自身のブランド『CR7』から新たにシューズコレクションを発表!!

クリスティアーノ・ロナウド

ポルトガルの国民的ヒーロー、現在レアル・マドリードで活躍中のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)は、サッカーだけでなく、ファッション業界にも進出しており活躍の場を広げている。

そして先日、自身のブランド『CR7』から、新しく革靴などのコレクションを発表し、クリスティアーノ自らモデルを務めるキャンペーン広告が公開された。

クリスティアーノの愛称でもある『CR7』と名付けたファッションブランドを立ち上げたのは2006年、その後2008年には事業を拡大、地元ポルトガルで店舗を増やしている。

コレクションは男性用アンダーウェアからシャツなどへと幅を広げ、そして今回、シューズという新たなアイテムを展開することとなった。

「自分の靴コレクションを展開したことで、またひとつ夢が叶った。」

クリスティアーノは自身のホームページでこのように語っている。

「CR7のフットウェアコレクションは、優れた地元(ポルトガル)原産の素材のみを使用し、ポルトガルの優秀なクラフトマン達のチームによって丁寧にデザインされているんだ。それをとても誇りに思っている。

企画から製品となるまで、ひとつひとつの細かい工程がそれぞれの靴に施されていく、その過程全体を通して見ることができたのは、素晴らしいものだった。」

キャンペーン広告でクリスティアーノは、スーツにネクタイを締め、コレクションの中の靴を履いて、端正な姿でポーズを決めている。

そしてこのコレクションには、たくさんの人にとって、彼のようにスタイリッシュな着こなしを完成させてくれるアイテムになって欲しいという、クリスティアーノのそんな思いが込められている。

「僕の足は商売道具だ。だから極上の靴しか履かない、この機会にぜひみんなにも味わってもらいたいと思う、私の靴を履いて輝いてほしい!」クリスティアーノはこう話している。

そう語るクリスティアーノの普段見かける姿はやはりトレーニングシューズを履いていることが多い。そんな彼が作ったコレクションには、ラグジュアリー、プレミアム、そしてベーシックという3つのラインがあり、ローファーやヒモで締めるタイプのダービーシューズ、デザートブーツなどの革靴が揃う。

「ロナウドはピッチの中でも外でも、真のアイコン的存在だ。ポルトガルだけじゃなく、世界中でだ。」

そう語るのは、このシューズを販売しているポルトガル・フットウェアー(Portgual Footwear)のサライバ・ゴンサルヴェス(Saraiva Gonçalves)氏。

「ロナウドとパートナーを組み、クオリティの良さに彼のセンスがプラスされたブランドを立ち上げらたことは、とても嬉しい。ロナウドの情熱とデザインや制作過程に対する関心の深さを感じ、本当の喜びを味わった。そしてこのコレクションがついにヴェールを脱ぐことにとても興奮しているよ。」

サライバ氏は今回のコレクションについてこのように語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

NEW 2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【夏の接触冷感&おしゃれマスクがほしい】通勤時にもおすすめ!通販もできるマスク8選
nanat

2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial