GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.03.03(Tue)

ジェニファー・ローレンス、デヴィッド・O・ラッセル監督との口論の噂を真っ向から否定!

ジェニファー・ローレンス

 女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 24)が、デヴィッド・O・ラッセル(David O. Russell)監督と派手な口論を繰り広げたという噂を一蹴した。

 芸能情報サイトTMZは2人が最新作『Joy(原題)』の撮影が行われているボストンのセットで2月24日、「耳をつんざくような金切り声」をあげ、大ゲンカをしていたと先週に報じた。しかしジェニファーは27日、デヴィッドとは良い関係だとFacebookで主張した。

 「ねえ、みんな! ジェンよ。メールもほとんど使わないから、ここで何か言うのはめったにないけど、この24時間でひどい噂が流れているから、はっきりさせておきたい」とジェニファーは書き込んでいる。「デヴィッド・O・ラッセルは大親友の1人で、すばらしい作品で一緒に仕事をしてきた関係なの。彼のことは大好きだし、タブロイドのたわ言の標的にされるなんてあんまりだわ。この映画はとても良い作品になるし、出演は最高の喜びよ!」

 『Joy』の制作会社であるFox 2000の広報担当者は先週、TMZに対し、大声があったのは事実だと認めた上で、メソッド演技のエクササイズの1つだったと口論を否定した。

 ジェニファーとデヴィッドの仕事上の関係はとてもうまくいっており、彼女は2012年のロマンチックコメディ『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞(R)とゴールデン・グローブ賞を受賞。その1年後の2013年にも『アメリカン・ハッスル』で3度目となるオスカーにノミネートされた。

 ジェニファーは以前、『世界にひとつのプレイブック』で監督と仕事をしたことが、どれほどすばらしいものだったか熱く語ったことがある。

 「彼はメリル・ストリープ(Meryl Streep)の監督版のような人だといつも言っているの。やることなすことすべてが他の人とは違っていて、どの作品も別の人のものと比べることさえできない。何でもできるから独特のスタイルというものがなく、彼の作品がどれなのか分からないくらい」とジェニファーは映画情報サイト「Flicks and Bits」で語った。「彼のキャラクターが大好き。予測できない行動を起こし、変わっていて強烈。役者が自分にはないと思っていた部分を引き出すのを、監督として助けてくれる。それ以上、求めることは何もない。ずっと前から一緒に仕事がしたかった。大好きな監督の1人なの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2020.06.21(Sun)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
nanat
nanat

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat