GLAM Editorial

2015.03.03(Tue)

『シンデレラ』王子役リチャード・マッデン、レッドカーペットはまだ苦手!

リリー・ジェームズ&リチャード・マッデン

スコットランド出身の俳優リチャード・マッデン(Richard Madden)は、米人気TVファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で一躍人気ものになったが、ファンの悲鳴も聞かれる中2013年に同シリーズから“退場”してからは映画出演も多くなった。

今春公開のディズニーの実写版映画『シンデレラ』では、シンデレラ役のリリー・ジェームズ( Lily James)を相手に王子役を演じているリチャードだが、演じることは大好きなものの、俳優であることのその他の仕事の中には、苦手な部分もあるとのこと。

「レッドカーペット関係のことは好きじゃないよ」と、ロチャードはNylon誌に対して愚痴をこぼしている。

「いつまでも慣れないのだけれど、もう自分に期待されることになってしまったからね。ぼくは俳優。演じることがぼくの仕事の本分。でも実際には、レッドカーペット関係も、ぼくの職業の一部なのさ。そう思って耐え忍び、なるべく苦痛にならないようにやっているよ」

オフには、次の役柄に備えて身体を鍛えるか、「ぶくぶくと太って、ビールを飲みまくる」かのどちらかだというリチャードだが、俳優をしていて他につらいことと言えば、死んでしまう役柄を演じた時の家族の反応だそうだ。

英ミニシリーズ『Birdsong』出演の際に初めて彼がそういう役を演じた時は、リチャードの母はひどい取り乱しようだったとか。

「かなり悲痛だったよ」と、リチャード。

「父にしても母にしても、特に母は、ドラマと現実を区別することがなかなか出来ないみたいだ。画面に映っているのが、どこまでもぼく本人のような気がしてしまうのだろう」

リチャードが断末魔の苦悶の表情を浮かべて両親がドキッとする場面は『シンデレラ』では決してないだろうが、シンデレラ役のリリーはこんなことを冗談交じりに言っている。

「映画でわたしが着る青いドレスについては、わたしは何度も癇癪を起してしまったの。まるでドレス自体に自分の意思があるみたいなんですもの。ダンスシーンの際にリチャードがわたしの身体をリフトする場面があるのだけれど、ドレスのおかげでわたしの体重が四倍ぐらいになっちゃうの。その大変さが、もしかしたら映画の中で見て取れるかも」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial