GLAM Editorial

2015.02.28(Sat)

ジジ・ハディッド、「マックスマーラ」ミラノFW2015秋冬にてマリリン・モンローさながらに美しく!

ジジ・ハディッド@ミラノFWマックスマーラ2015秋冬コレクション

今週開幕したミラノのファッションウィーク。60年以上も同FWに参加してきた地元北イタリアの有力老舗ファッションブランド、「マックスマーラ」(Max Mara)の2015年秋冬コレクションは、マリリン・モンローにもインスピレーションを受けた、レトロ感が美しいものだった。

人気絶頂のモデル、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)が、現代のマリリンよろしくオーバーサイズのキャメルコートに身を包みキャットウォークを歩く。コートを身体に抱きしめるようにして歩くジジだが、コートの下に見え隠れするのは同じくキャメル色のドレス。コレクション全体を通して、濃淡様々なキャメル色が目立ち、その他にライトブルー、ターコイズブルー、グレイ、白といった色合いが目立った。

「贅沢な生地が、太陽を受けて輝くかのように。#FWコレクションは懐かしく、しかし新鮮」と、同ブランドはツイッターでコレクションのことをそう表現している。

ドレスの裾は膝のすぐ下までというのが基調で、特にペンシルスカートがレトロ感をはっきり主張していた。ふわりとした生地だがタイトなセーターも登場し、モデルにキャッツアイ型の読書メガネを掛けさせた演出もあって、いよいよヴィンテージ感を高めていた。たとえば、ひとりのモデルは、贅沢感豊かなキルトスカートに薄手なセーターとの組み合わせで、これもメガネを掛けて登場。服と合わせたアクアグリーン色のラウンドトゥ(丸つま先)のフラットシューズで、このルックはまとめられていた。

女性らしい曲線を強調するグラマラスな服と並び、よりマスキュランなデザインにカットされている服もあったが、それらもしっかりフェミナンな捻りが十分利かされているものだった。

別のモデルは、クリーム色のペンシルスカートの上に、煌めく淡いゴールドのスポーティなキルトセーターに対して足元はブローグシューズでルックを決めていた。

「マリリン・モンローがプライベートな時間に好んだ私服ワードローブにインスピレーションを受けて、クラシックなメンズウェアも#FW15に形を変えて蘇る」と、マックスマーラはツイッターで写真に添えてこれを解説していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial