GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.02.24(Tue)

『フィフティ・シェイズ』のジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン、撮影以外では不仲?

ダコタ・ジョンソン&ジェイミー・ドーナン

 大ヒット公開中の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で主演を務めるジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)とダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)は、映画での濃厚なラブシーンとは裏腹に、現場では仲が良かったわけではないようだ。

 E.L.ジェイムズ(E.L. James)による官能小説を原作とした同作で、ジェイミーは魅力的なビジネスマンのクリスチャン・グレイに扮している。クリスチャンはダコタ演じるウブな女子大生アナスタシア・スティールを魅了し、性的に倒錯した世界へと導いていく。

 2人は撮影セットで熱いラブシーンを演じているが、プライベートではかなり冷めた関係のようだ。ジェイミーとダコタは同作のプロモーションに力を入れているが、一緒にポーズを取るときのぎこちなさを指摘する向きは多い。

 「お互いに言い争うようなことはなかった。ただ気まずい関係なだけだ」とある関係者は英Grazia誌に明かしている。「ジェイミーはうぬぼれていて、役に十分のめりこんでいないとダコタが感じたという噂はある。そしてジェイミーは彼女が無愛想でよそよそしく、真面目に考えすぎると思っていたようだ」

 ジェイミーは昨年、クリスチャン役に決まっていたチャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)が、自分では役不足だと感じて降板したことで、急きょ出演が決まった。

 しかしこうした噂にもかかわらず、監督のサム・テイラー=ジョンソン(Sam Taylor-Johnson)は、ジェイミーとダコタの主演コンビに大満足している。

 「2人は一緒に入ってきて、とにかく大笑いしていた。ふざけたことをして、相手より面白いことをしようとしていた。2人とも本当に人を笑わせるタイプで、『もう完ぺき』と思った」とサムは最近、英ファッション情報サイト「Grazia Daily.co.uk」で語った。

 『フィフティ・シェイズ』はかんばしくない批評にもかかわらず、イギリスとアメリカで公開週末の興行成績の記録を塗り替えた。

 先週、サムと原作者E.L.の仕事上の関係が良くないことから、サムは続編のメガホンを取らないのではという憶測が広まった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.08.26(Mon)

ランドローバー・ブランド・アンバサダーに就任の森星さん「クルマはファッションとよく似ている」就任発表会でイヴォークの魅力...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team