GLAM Editorial

2015.02.17(Tue)

妊娠中のココ・ロシャ、キャットウォークはお休みも、NYファッションウィークをオシャレに鑑賞!

ココ・ロシャ

カナダ出身の人気モデルであるココ・ロシャ(Coco Rocha、26)は、夫である美術家ジェームズ・コンラン(James Conran)との間の最初の子供を間もなく出産予定と合って、キャットウォークでのお仕事は、さすがに現在は欠場中。しかし、開幕中のニューヨークファッションにおいて日曜に行われた、「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」(Diane von Furstenberg)の2015秋冬コレクションを観客席から鑑賞していた。

「美しいフィナーレ@dvfは @ケンダル・ジェンナーが先頭。ダイアンのことは大好き、彼女はすべての女性にインスピレーションを与えてくれる#NYFW」と、ココはビデオ付きで自分のファンたちにツイートしていた。

お腹がすっかり幸せそうに目立ってきたココだが、この日もゴージャスな装いで、妊娠中でもオシャレを手控えるつもりはもちろんない、とのこと。

「1990年代だと、妊娠するとマタニティドレスしか着ちゃいけない、とみんな思っていたかもしれないけれど、わたしは妊娠してもクールなルックでいたいとずっと思ってきたの」と、ココはnews.instyle.comに対して語っている。

「いつものわたしのルックと変えたりせず、お腹の膨らみを、どうスタイルしてみるかだけ。特に変える必要なんてないの。妊娠していてもシックは成り立つものよ」

ダイアンのショーでは、カリスマメイクアップアーティストのパット・マクグラス(Pat McGrath)がモデルたちのルックを陰で支えたが、ショーに出ないココもパットの芸術的な仕事の恩恵に預かっていたようだ。

「今日のショーにわたしは出ないけれど、@パット・マクグラスのチームが、@DVF! #NYFWAW15にて、わたしに@MaxFactorUK ルックを完全に施してくれた!」と、ココはツイートしている。

ココは、ニューヨークファッションウィークで他にも、バレンタインデーの土曜に行われた、「Noon by Noor」や「Christian Siriano」のショーなども、観客席の最前列にて鑑賞していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.08.02(Mon)

リップのアートメイクで何が変わるの?解決できるお悩みと注意点についても解説
GLAM Editorial

NEW 2021.08.02(Mon)

【最新版】安全なリップアートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない方向け
GLAM Editorial

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial

2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial