GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.02.13(Fri)

P!NK、動物愛護団体のポスターにヌードで登場!

P!NK

 米人気歌手のP!NK(ピンク、35)が、動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」(PETA)のために一肌脱いだ。

 これまでに大勢のトップスターがPETAのためにヌードを披露してきたが、P!NKもエヴァ・メンデス (Eva Mendes)やクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian)らに続き、PETAの「毛皮を着るくらいなら裸でいい」キャンペーンに参加した。

 P!NKは印象的な白黒写真に全裸で登場し、たくさんのタトゥーに覆われ、均整のとれたボディを披露している。今でこそ毛皮は着ないが、決してこれまでもそうだったわけではない。

 「毛皮を着たことはなかったと言えたらどんなにいいか。でも残念ながら、身勝手な時期には何度か毛皮を着たことがあるの」と彼女は認めた。「でも今は賢くなって、毛皮を完全にボイコットしているわ」

 自分の決意の強さを示すため、P!NKは動物の毛皮を使った服を着る人たちに対する気持ちを明かしている。

 「ファッショントレンドのせいで、こうした動物たちが経験させられる恐怖がどんなものかを、みんなにムリやりにでも教えることができたらいいのに。毛皮を着る人たちは、着ているのと同じ動物にお尻を噛みつかれればいいわ」と彼女は話している。

 PETAの最新の広告は、今週始まったニューヨーク・ファッションウィークの直前に公開された。90フィート(約27.43センチ)の巨大な広告は、マンハッタンのタイムズスクエアに設置されている。「毛皮を着るくらいなら裸でいい」の文字がピンク色で書かれており、「ありのままの自分の体に満足して、動物たちの体を奪わないように」というキャッチフレーズが下に添えられている。

 英PETAも同キャンペーンへのサポートをTwitter上で表明した。

 「P!NKは米PETA、(ファッションフォトグラファーの)ルーヴェン・アファナドール(Ruven Afanador)とタッグを組んで、毛皮売買に主張を通した!」と同団体はツイートしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.08(Tue)

カーディガンがかわいい秋コーデおすすめ8選。大人カジュアルで街を歩こう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team