GLAM Editorial

2015.02.13(Fri)

ウィル・スミス、男性肉体美だらけの映画撮影に臨んだ妻ジェイダが自分を忘れないように、自分も身体を鍛えた?

ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット=スミス

米人気俳優のウィル・スミス(Will Smith、46)の妻は、歌手にして女優のジェイダ・ピンケット=スミス(Jada Pinkett Smith)。

そのジェイダは、男性ストリッパーの世界を描いたヒット作映画『マジック・マイク』の続編で、ティーザーが公開され始めた『Magic Mike XXL』に出演。同映画では、前作に引き続きチャニング・テイタム(Channing Tatum)、マット・ボマー(Matt Bomer)、ジョー・マンガニエロ(Joe Manganiello)などが肉体美を再び披露している。そんな男たちに囲まれた撮影にジェイダが、つい目移りしてしまったのではないかと、余計な心配をしたくなるところだが・・・

「ジェイダのような“ほんもの”の女を相手に出来るのは、"男の中で男"でないと務まらないよ。そんな状況でも、おれの自信はゆるがなかったね」と、米エンタメ情報番組『ET』に対して胸を張ったウィル。「まあ、彼女が家に戻っても肉体美にお目にかかるようにするようにはしたけどね」

ウィルが、ジムでのワークアウトに力を入れたのは、ジェイダが目移りするのを防ぎたいばかりではなかったようだ。ウィル本人のほうは、今月末全米公開の新作映画『フォーカス(Focus)』で、マーゴット・ロビー(Margot Robbie、24)と共演。若く美しいマーゴットにスクリーン上で輝き負けないようにしたいという気もあったらしい。特にジェイダからは、ふたりが映画の中で並ぶシーンでどう見えかねないかを、だいぶからかわれたとのこと。

「ジェイダに、あの娘は23歳だそうじゃないの。身体をシェイプアップせずに、あなたはセットに出ては、絶対にダメよ、と繰り返し言われたよ」

同映画でウィルは、マーゴット演じる新米詐欺師ジェスに、その道の様々な“技”を教え込むベテラン詐欺師ニッキーを演じ、その過程でふたりの間にロマンスも芽生える。

初共演に緊張するところもあったのは、マーゴットの方も同じ。同作の出演オーディションが決まった時にクロアチアで休暇中だったマーゴットは、ニューヨークに駆けつけなければならなかった。急いで飛行機に飛び乗り、途中で荷物がどこかに行ってしまって、着の身着のままウィルとはじめて顔を合わせる羽目になった時は、どんな印象をウィルに与えてしまうのか、大いに心配したそうだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial

2021.06.30(Wed)

ヘアラインのアートメイクとは?|解決できるお悩みと施術の流れもあわせて解説
GLAM Editorial