GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.02.06(Fri)

ロザムンド・パイク、人殺しの役作りでブタの死体を練習台にしたと仰天告白!

ロザムンド・パイク

 英女優のロザムンド・パイク(Rosamund Pike, 36)は、『ゴーン・ガール』で暴力シーンの撮影に挑戦するのが「心配」だった。

 ロザムンドはギリアン・フリン(Gillian Flynn)の同名ベストセラー小説を原作とした同作で主役のエイミー・ダンを演じている。しかしアカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされた実力をもってしても、複雑なキャラクターであるエイミーの役作りは簡単なものではなかった。

 特にあるシーンでロザムンドはデジー・コリンズに扮するニール・パトリック・ハリス(Neil Patrick Harris)と暴力的なシーンを演じる必要があった。彼女はあらゆる努力を惜しまず、このシーンの撮影の準備に全力を注いだ。

 「アクションシーンみたいに荒っぽい撮影では、どんなものでも必ず心配になる」とロザムンドは映画情報サイト「Collider」で語っている。「ニール・パトリック・ハリスとわたしは、暴力シーンをする必要があったの。そういうシーンで演技するには、ある程度の正確さというものが必要になるわ」

 「人のノドを切り裂くには、どのくらいの力がいるのか想像もつかなかった。それで屠殺場に行って、ブタの死体にカッターナイフで切りつけてもいいかどうか聞いたの。どんな感触なのか知りたかったから」

 ロザムンドはエイミー役で出演が決まる前から原作の大ファンだった。映画化の企画で最初に興味をおぼえたのは、エイミーの複雑な性格だったという。というより、エイミーを演じることは長年の夢でさえあったようだ。

 「あんなキャラクターを演じたいというのは、どんな女優にとっても夢だわ」とロザムンドは話している。「役者として、『演じるには実力が足りない。手を伸ばし、その可能性をつかみたいとどれほど願っても、届くはずがない』と思うもの。でも反対に、家に帰ると『やりたいことは何でもできる。これはかなり極端なキャラ。彼女はどんなものでも抑えることができない女性というキャラ』と思うの」

 「彼女は極端。ええ、これは殺人女の映画だけど、ある意味、すごく力づけられるものでもある。あらゆる筋肉を駆使して、考えたことのある、すべてのクレイジーな考えを利用して演じることに意義があるの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.05.27(Wed)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
nanat
nanat