GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.02.04(Wed)

エディ・レッドメイン、タキシードの見事な着こなしは「粋な」父親を見て自然に身に付いた!

エディ・レッドメイン

今年3月には日本でも公開される映画『博士と彼女のセオリー』での演技により、今年のアカデミー賞主演男優賞賞にノミネートされている英俳優のエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne、33)。既にゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)と全米俳優組合(SAG)賞・主演男優賞という有力映画賞二冠に輝き、オスカー争いでも先頭を走っている形だが、それだけでなく今季の各映画賞のレッドカーペットにおけるタキシードの着こなしぶりもまた見事なもの。

それもそのはず、エディは英国ウィンザーにある超一流パプリックスクールであるイートン校(Eton College)の出身で、英国のウィリアム王子とは同級生で、同校のラグビーチームでも王子のチームメイトだった。

「ぼくはいつもスーツを着ていたから、タキシードでも落ち着いていられるんだよ」と、エディはMen’s Healthに対して語っている。

幼い頃からスーツを着なれているとあって、エディはレッドカーペットで正装するのをまったく楽しんでいるようだ。

「仕立てのいいスーツというものは、身体にピッタリ合わせて作ってあるから、気分が強くなる。おのずとうつむかなくなるから、肩のあたりが凛々しく見えるのさ」

エディが、育つ間にファッションスタイルの見本にしたのは、ごく身近な人物。「粋なひと」とエディが呼ぶ、実業家である父親のリチャード(Richard)氏だ。

「父は、仕事にスーツ姿で出かけるから、ぼくもスーツを着ていると、無意識にまともな職業についている気になれるのかもね」と、エディは笑った。

エディは、時にはカラフルなアンサンブルに挑戦することに怯まないが、実は色盲であるエディは「おおむねブルーやグレイで押す」ことにしているそうだ。

「安全な色の組み合わせだからね。一緒に合わせても決してケンカすることのない二色なんだ」と、エディはその理由を語った、

2月22日のアカデミー賞授賞式でも、エディは伝統的なタキシードを独自の流儀で着こなして見せてくれそうだ。自分のスタイルは、「簡潔でクラッシク」であるというエディだが、なにげないオシャレにセンスが光るのが、エディならではのスタイルである。

「風合いと色合いをまずしっかり押さえながら、あとはちょっと面白いネクタイやポケットチーフなどで、ものすごく感じが変わるものだよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.11.26(Thu)

【2020年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat