GLAM Editorial

2015.02.04(Wed)

エディ・レッドメイン、タキシードの見事な着こなしは「粋な」父親を見て自然に身に付いた!

エディ・レッドメイン

今年3月には日本でも公開される映画『博士と彼女のセオリー』での演技により、今年のアカデミー賞主演男優賞賞にノミネートされている英俳優のエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne、33)。既にゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)と全米俳優組合(SAG)賞・主演男優賞という有力映画賞二冠に輝き、オスカー争いでも先頭を走っている形だが、それだけでなく今季の各映画賞のレッドカーペットにおけるタキシードの着こなしぶりもまた見事なもの。

それもそのはず、エディは英国ウィンザーにある超一流パプリックスクールであるイートン校(Eton College)の出身で、英国のウィリアム王子とは同級生で、同校のラグビーチームでも王子のチームメイトだった。

「ぼくはいつもスーツを着ていたから、タキシードでも落ち着いていられるんだよ」と、エディはMen’s Healthに対して語っている。

幼い頃からスーツを着なれているとあって、エディはレッドカーペットで正装するのをまったく楽しんでいるようだ。

「仕立てのいいスーツというものは、身体にピッタリ合わせて作ってあるから、気分が強くなる。おのずとうつむかなくなるから、肩のあたりが凛々しく見えるのさ」

エディが、育つ間にファッションスタイルの見本にしたのは、ごく身近な人物。「粋なひと」とエディが呼ぶ、実業家である父親のリチャード(Richard)氏だ。

「父は、仕事にスーツ姿で出かけるから、ぼくもスーツを着ていると、無意識にまともな職業についている気になれるのかもね」と、エディは笑った。

エディは、時にはカラフルなアンサンブルに挑戦することに怯まないが、実は色盲であるエディは「おおむねブルーやグレイで押す」ことにしているそうだ。

「安全な色の組み合わせだからね。一緒に合わせても決してケンカすることのない二色なんだ」と、エディはその理由を語った、

2月22日のアカデミー賞授賞式でも、エディは伝統的なタキシードを独自の流儀で着こなして見せてくれそうだ。自分のスタイルは、「簡潔でクラッシク」であるというエディだが、なにげないオシャレにセンスが光るのが、エディならではのスタイルである。

「風合いと色合いをまずしっかり押さえながら、あとはちょっと面白いネクタイやポケットチーフなどで、ものすごく感じが変わるものだよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial