GLAM Editorial

2015.02.03(Tue)

アントニオ・バンデラス、女優として活躍する「元」継子ダコタ・ジョンソンに感服!

アントニオ・バンデラス

 『マスク・オブ・ゾロ』などで知られるスペイン出身の俳優アントニオ・バンデラス(Antonio Banderas, 54)は、女優のダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson, 25)が女優としてのキャリアとは何かをよく理解していると考えている。

 アントニオは1996年に米女優のメラニー・グリフィス(Melanie Griffith)と結婚し、ダコタの継父になった。夫妻は昨年6月に離婚を表明したものの、アントニオは元継子であるダコタを、いまも我が子のように思っている。

 「あの子が4歳のときに家族になったが、今のあの子を見ていると、すごく誇らしい気持ちになる」とアントニオは米エンターテイメント情報番組「Access Hollywood」に語っている。「この仕事がどういうものなのか、よく理解している。父(ドン・ジョンソン[Don Johnson])、母、そしてたぶんわたしを通じ、それを見てきたんだろう。だからハリウッドの伝統を背負っている」

 ダコタは今月公開される映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で主演を務め、キャリアで新たな展開を迎えている。しかしアントニオはダコタの大ブレイクを自分のことのように嬉しく思っているが、同名官能小説を原作とした同作をすぐに観る気にはなれないとも話している。

 「そうは思わないね。少し時間を置くつもりだよ」とアントニオは認めた。

 アントニオとメラニーは「和解しがたい不和」を理由に離婚を申請。メラニーはその後、上腕に彫っていたアントニオの名前のタトゥーを除去しているが、『シュレック』シリーズで長ぐつをはいた猫の声優を務めたアントニオは、メラニーとすごした年月を大切に思っている。

 「20年間すごした年月を、穴の中に捨てるつもりはないよ」とアントニオは続けた。「美しい思い出は心にしまっておく。わたしの人生の一部だからね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.25(Tue)

唇アートメイクのデメリット4選とメリット5選|デメリットを解消する方法もあわせて解説
GLAM Editorial

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial

2019.06.13(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.90 映画のような世界が広がる♪ 〜HOTEL EMANONで過ごす特別な時...
CHOCO