GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.01.31(Sat)

「バッドボーイ」のイメージが強いジャスティン・ビーバー、世間の目が気になると弱気?

ジャスティン・ビーバー

 人気歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber, 20)が、世間が自分のことをどう思っているか不安だと認めている。

 ジャスティンはここ数年、トラブルを連発し、警察ざたも引き起こしている。隣人宅に生卵を投げつけた件では8万ドル(約940万円)の罰金を命じられたり、無免許運転で逮捕されたりしたこともある。

 ジャスティンは今週、エレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)が司会のトーク番組に出演する前に、その理由を説明する動画を複数のSNSに投稿した。

 「今の気持ちをはっきりさせるために動画を作りたかったんだ」とジャスティンは切り出した。「今日、エレンの番組に出てすごく楽しかった。彼女はすばらしいし、誕生日だった。エレン、誕生日おめでとう! でもすごく不安だった。今の僕のことを、世間がどう思っているのか不安だったから」

 「僕が世の中で知られるようになったのは、ついこの間のことだけど、ごう慢だったり、うぬぼれたりしていた、ここ1年か1年半の振る舞いをしたくなかったんだ」

 その後、ジャスティンのファンはサポートの意思を表明するメッセージを大量に送っている。エレンの番組に出演中、ジャスティンは自分や自分の行動を笑い飛ばしてみせた。番組では落ち着いた様子で、過去の行動については謙虚な姿勢を貫いていた。

 「若くしてこの業界に入り、成長するのはすごく難しい。成長するのはたとえ普通でも難しいんだ」とジャスティンは動画で続けた。「とても気まずい感じばかりしていた。みんなに批判されているように感じたし、僕がどれほど真剣で、みんなを気遣い、『ク*食らえ』というような人じゃないことを知ってほしい。それほど子どもじゃない」

 「心から気にかけているんだ。過去に起きたことは取り消せないけど、みんなに良い印象を持ってほしいし、親切で、愛情にあふれ、やさしく、思いやりを持って接したい。『お人よし』と言われることもあるけど、そうやって母に育てられたんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.12.03(Thu)

30代の彼氏に贈るなら!おすすめのクリスマスプレゼント5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.09(Fri)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team